「インフィード広告」とは?

2015年5月20日(水)、スマートフォン版「Yahoo! JAPAN」およびYahoo! JAPANアプリのトップページがタイムライン型に変更されました。

新しくなったトップページに広告を掲載できるのが、YDNの新しい広告掲載方式「インフィード広告」です。
「インフィード広告」でスマホ版Yahoo! JAPANトップページに広告掲載

「インフィード広告」の入稿や掲載に関する注意事項

インフィード広告は、スマートフォン向けに最適化されたYahoo! JAPANのトップページをはじめ、タイムライン型のページに特化して配信する広告です。

タイムライン型のページに最適な形の広告作成や配信が可能ですが、従来のYDNと違い、画像のトリミングが自動で行われるなど、入稿や掲載において注意しておかなければいけない点があります。以下に注意点をご紹介します。

YDNの他の広告タイプとの違い

「インフィード広告」の掲載フォーマットは「レスポンシブ」です。

では、広告掲載方式「ターゲティング」の広告タイプ「レスポンシブ」との違いはなんでしょうか?この違いは、広告の掲載面です。 「インフィード広告」は新しいスマホ版トップページ(ウェブ、アプリ)のタイムライン形式の広告掲載枠に広告が配信されます。

「ターゲティング」の広告タイプ「レスポンシブ」では、PC、スマートフォン、タブレットを対象に、テキスト(画像自動付与を含む)の広告掲載枠、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)のディスプレイ広告掲載枠に配信されます。

画像関連の注意事項

画像の縮小またはトリミングに注意

「インフィード広告」ではレイアウトは最適化されるため、画像は自動的にトリミングや縮小される場合があります。事前に画像がどの範囲で表示されるか、画像表示シミュレーターで確認しましょう。

画像表示シミュレーター

広告領域明示のための画像の加工は不要

通常のYDNの画像広告では、インターネットユーザーの意図しないクリックを防ぐため、広告領域を明示する必要性から、画像を実線で囲む等の対応が必要です。
しかし「インフィード広告」では画像が縮小・トリミングされる場合や広告領域が明らかなため、広告領域明示のための画像加工は不要です。

広告掲載基準 > 第9章 広告表現規制 > 4. OS機能模倣、コンテンツ混同する表現【第2章6.(2(3関連】

画像内の文字は極力省きましょう

画像がトリミング・縮小される場合を想定し、画像内に文字などを入れないようにしましょう。

タイトルや説明文での補足を行い、トリミングの範囲を意識して重要な要素は中心に寄せるなどの、対策をおすすめします。
※主体者表記は入稿内容として別途入力する必要があるため、画像内での主体者表記は不要です。

画像の登録上限数

画像の登録上限数はロゴ画像も含めてアカウント全体で最大1000個です。

入稿項目「ボタン」について

ボタンの文言は17種類(2015年5月現在)、商材や目的に応じて使い分けましょう。

1 もっとみる 10 今すぐ予約
2 詳しくはこちら 11 今すぐ登録
3 お申込はこちら 12 資料請求
4 ご購入はこちら 13 お問い合わせ
5 ご予約はこちら 14 体験する
6 ご登録はこちら 15 物件をみる
7 今すぐチェック 16 ダウンロード
8 今すぐ申し込む 17 インストール
9 今すぐ購入

入稿項目「主体者表記」に関する注意事項

入力のルール

主体者表記には、会社名もしくは、商標登録されている商品名、ブランド名、サービス名のいずれかの名称の入力が必要です。

<不可例>
・脱毛エステなら○○○ (○○○のみであれば可)
・転職なら○○○ (○○○のみであれば可)
など前後に補足やコピーを入れることはできません。

使用不可記号は掲載できません

主体者表記も、タイトル、説明文と同様に使用不可記号が含まれる場合は、掲載できません。
※会社名は法人登記できる記号が定められていますので、会社名で記載すれば問題ありません。

「主体者表記」の入力欄は20文字まで

収まらない場合は、略称で記入しましょう。

ロゴについて

ロゴ画像には、会社名もしくは、商標登録されているブランド名、商品名、サービス名のいずれかを利用できます。

ロゴと販促コピーなどを組み合わせて入稿した場合、掲載はできません。

広告掲載基準 > 第2章 ユーザーの利便性のための基準 > 6. ユーザーに迷惑となる広告の禁止【第9 章4.5.関連】

アフィリエイトサイトに関する「インフィード広告」注意事項

以下の場合、広告は掲載されません。ご注意ください。

アフィリエイト先のクライアントの主体者表記またはロゴ画像を利用している

広告主が提携先と誤解されないように「主体者表記」、「ロゴ画像」については、上記注意事項のとおり、広告主の会社名もしくは、商標登録されているブランド名、商品名、サービス名のいずれかである必要があります。
アフィリエイト先のクライアントの主体者表記、ロゴ画像を使用することはできません。

「アフィリエイト」「提携」などの文言を【タイトル】に入れていない

「インフィード広告」は説明文が表示されず、タイトルのみを表示する場合や、先頭38文字以降が省略される場合があります。「アフィリエイト」「提携」といった文言を、説明文ではなくタイトルに入力していない場合、掲載されません。

広告掲載基準 > 第9章 広告表現規制 > 2. アフィリエイトサイトの広告表現

訴求する商品名やサービス名がわからない

まぎらわしい表現で広告をクリックするユーザーの期待を裏切らないように、広告から「それが何の広告か」「最終的に誘導されるサイト内容が何か」がわかるような広告表現としてください。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。