すっかり春の陽気になり、ゴールデンウィークがいよいよ目前に迫ってきました。

今年は最大12連休、レジャーに出かける人にも自宅でのんびりする人にも、欠かせないのがスマートフォンですね。

相反するパソコンとスマートフォンの検索動向

2014年のゴールデンウィーク前後におけるYahoo!検索データの分析結果では、パソコンによる検索数は平日に、スマートフォンによる検索数は土日祝日に上昇することが判明しています。

休日の続くゴールデンウィークは、まさにスマートフォンユーザーの動きが活発になる期間といえます。

スマートフォンの活躍するゴールデンウィークに、広告を出さない手はないですよね。もちろん、Twitter広告も例外ではありません。

Twitterユーザーの80% (Twitter調べ 2014年時点)は、モバイル(スマートフォン含む)からログインしています。ゴールデンウィーク中はユーザー同士のコミュニケーションが盛んに行われることが想定されるため、スマートフォンへの配信を意識して準備をし、ゴールデンウィーク商戦を成功させましょう!

ターゲティングは最適ですか?

Twitter広告にはさまざまなターゲティングがあります。特にキーワードによるターゲティングを設定している場合はゴールデンウィークに合わせて見直しが必要です。

商材がゴールデンウィークに開催するイベントなら「デート」「おでかけ」などの他に「暇」などのキーワードでつぶやいているTwitterユーザーをターゲットにしてみるのもいいですね。商材がギフトの場合は、ゴールデンウィーク明けに控えている母の日に備えて「お母さん」「母の日」「親孝行」などのキーワードを加えてみてはいかがですか?

また、Twitter広告はデバイス別の広告配信も可能です。モバイル向けのツイート文の場合にはスマートフォンだけに絞って広告を配信することも可能です。

新規作成の場合

[Twitter広告]タブをクリック。
[キャンペーン管理]>デバイスの項目を「設定する(選択したデバイスに配信する)」をクリック、必要な項目をチェックする。

すでに設定済のキャンペーンの修正

「キャンペーン管理」をクリック。
今回修正したい設定済の「キャンペーン名」をクリック、「キャンペーン設定」の「デバイス」の「変更」をクリックし必要な項目をチェックする。

ツイート文は見直しましたか?

せっかくの大型連休、いつものツイート文とは一味違うゴールデンウィークならではの広告文でタイムラインを盛り上げましょう!また、画像を使ってウェブサイトに誘導する「Websiteカード」も積極的に利用しましょう。テキストだけのツイートより、Twitterユーザーの印象に残る訴求が可能です。

アカウント残高や予算設定は十分ですか?

ゴールデンウィーク中はいつもより広告表示機会が増える傾向があります。機会損失を防ぐため、あらかじめ予算設定を高めに設定し、十分なアカウント残高を入金しておきましょう。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。