「広告の有用性について」とは?

商品、サービスについて独自の有益な情報を持たないサイト、そのサイトを介す意味のないサイトによる広告商品価値およびユーザビリティの低下を防ぐため、下記の広告掲載基準を新設しました。

広告掲載基準(3.広告の有用性について)
ユーザーにとって有用性の低い、以下のような広告は掲載できません。
(1) 広告主による独自のコンテンツが乏しいもの
(2) アービトラージサイト等、第三者のサイトへのリンクや広告が多数掲載されているものや、広告のクリック等をさせることを主目的としているようなもの
(3) 正確性・信憑性に欠けるもの
(4) その他、ユーザーにとって有用性の低いもの

>3.広告の有用性について(ヘルプ)

有用性があると判断されるサイトとは?

では、ユーザーにとって有用性があると判断されるのはどのようなサイトなのでしょうか。具体的な事例をご紹介します。

■公式サイトでは実現できないコンテンツが充実している

有用性が高いと判断されるポイント

  • 複数の店舗での商品在庫の有無や販売価格などを、ユーザーの選択した条件で比較することができる

有用性が高いと判断されるポイント

  • サービス内容や、価格、評判など、競合サービスの情報を一覧で知ることができる
  • 競合サービスの情報一覧を、ユーザーの望む条件で並び替えすることができる

■公式サイトにはないコンテンツが充実している

有用性が高いと判断されるポイント

  • 商品をアレンジしたレシピ集など、本体サイトの訴求商品のスタンダードな使用方法とは異なるオリジナルのアイデアが紹介されている

なお、有用性が低いと判断される事例や4月18日に行われた広告掲載基準変更の詳細については下記の資料をご確認ください。

>広告掲載基準新旧対比表(PDF)
>広告掲載基準変更 解説資料(PDF)

注意

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

記事カテゴリー

スマートデバイス

スマートフォン

プロモーション広告 商材・サービス

その他 ▼