化粧品(薬用化粧品)、健康食品、健康器具の広告を出稿する際に非承認となることが多い掲載基準と審査のポイントをご紹介します。掲載基準の具体的なOK、NGの例や、商材ごとの使用できる表現、使用できない表現の例についても多数紹介しています。 ぜひ、スムーズな審査通過にお役立てください。
化粧品(薬用化粧品)、健康食品、健康器具の広告に関連する掲載基準と具体事例

目次

  1. 1.審査で非承認となることが多い掲載基準
  2. 2.広告の主体者の明示
    2-1.リンク先のサイトにかかる基準
    2-2.クリエイティブにかかる基準
  3. 3.広告表現規制
  4. 4.事例
    4-1.人体の局部の強調
    4-2.コンプレックス部分の露骨な表現
    4-3.過度な肌露出
    4-4.性に関する露骨な表現
  5. 5.薬機法による規制
    5-1.薬用化粧品、化粧品の掲載基準と審査のポイント
    5-2.化粧品の表現例
    5-3.薬用化粧品、化粧品の具体事例
    5-4.健康食品、健康器具(雑貨)の掲載基準と審査のポイント
    5-5.健康食品の表現例
    5-6.健康食品の具体事例
    5-7.健康器具(雑貨)の表現例
    5-8.健康器具(雑貨)の具体事例
  6. 6.チェック表
  7. 7.関連資料

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

記事カテゴリー

スマートデバイス

スマートフォン

プロモーション広告 商材・サービス

その他 ▼