「推定リーチ数表示機能」とは

Twitter広告でターゲティング設定をしたものの、「このターゲティングで、どのぐらいのユーザー数にリーチできるか分からない」とお悩みではありませんか?「推定リーチ数表示機能」をぜひ活用してください。

表示される推定リーチ数を参考に入札価格や設定するフォロワー、興味・関心カテゴリーを調整することで、適切なインプレッション数を目指すことが可能です。

推定リーチ数表示機能とは

設定されているターゲティングや入札価格で、どのくらいのユーザー数に広告の配信が見込めるかを確認する機能です。

※図をクリックすると拡大図が見られます

簡単! 広告管理ツールでの確認方法

まず、広告管理ツールにログインしてください。

広告管理ツールへログイン

新規キャンペーン:推定リーチ数の確認方法

1.「Twitterプロモ商品」タブの「キャンペーン管理」の「+キャンペーン作成」を押します。

2.「キャンペーン作成」画面で各項目を入力し、広告掲載方式と入札価格の広告掲載位置で「**タイムライン**」を選択します。

キャンペーンの目的 入札価格の文言
ツイートのエンゲージメント1エンゲージメント獲得あたりの入札価格
アプリのインストール数
またはアプリの利用率
1アプリクリックあたりの入札価格
ウェブサイトのクリック
またはコンバージョン
ウェブサイト1訪問あたりの入札価格
フォロワー1フォロワー獲得あたりの入札価格
カスタム1エンゲージメント獲得あたりの入札価格

3. ターゲティング設定の「フォロワーと類似ユーザー」「興味・関心カテゴリー」「カスタムオーディエンス」のいずれかを設定します。(設定されていない場合は推定リーチ数を表示できません)

※ターゲティングを「キーワード」に設定している場合は、推定リーチ数を表示できません。

4. [推定リーチ数を表示]ボタンを押すと、推定リーチ数が表示されます。

推定リーチ数が期待と違う場合は、ターゲティング設定等を見直してください。その後、再度[推定リーチ数表示]ボタンを押すと、更新された数値が表示されます。[保存]を押すと、キャンペーンが作成されます。

表示する推定ユーザー数

  • ターゲティング設定に基づく推定リーチ数
  • ターゲティング設定および入札価格に基づく推定リーチ数

ご注意ください

推定リーチ数が5,000以下の場合は広告が配信されない可能性があります。入札価格やフォロワー、興味・関心カテゴリーの設定見直しをご検討ください。

作成済キャンペーン:推定リーチ数の確認方法

設定済キャンペーンの「推定リーチ数」は、「キャンペーン設定」から確認できます。

1.「キャンペーン管理」のキャンペーン名をクリックします。

2.「キャンペーン設定」をクリックします。

3.最下部の[推定リーチ数を表示]を押すと確認ができます。

※図をクリックすると拡大図が見られます
※ターゲティングを「キーワード」に設定している場合は、推定リーチ数を表示できません。

いかがでしたか。「推定リーチ数表示機能」を利用し、適切なターゲティング設定をしましょう。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。
「推定リーチ数」は実数を保証するものではなく、参考値となります。
ターゲティングを「キーワード」に設定している場合は、推定リーチ数を表示できません。