デバイスをまたいだコンバージョン設定とは

スマートフォンやタブレットの登場により、検索はPCのみではなく、個人が複数のデバイスで行うものに変化しました。これに伴い、検索とコンバージョンが別々のデバイスで発生し、正確な効果測定が難しくなってきました。

スポンサードサーチでは、2018年1月24日よりCookie情報とログイン情報を利用するコンバージョン測定が可能になりました。「パソコンで広告をクリックした後にスマートフォンで購入したときのコンバージョン」といった場合でも、コンバージョンに至ったキーワード、広告を検証し、費用対効果を考えながら適正なコストでの運用が可能です。

<従来>


<デバイスをまたいだコンバージョン測定>

ポイント

  • Yahoo! JAPANのログイン情報をもとに、デバイスをまたいだコンバージョン測定結果を確認できます。
  • 自動入札機能において、デバイスをまたいで計測されるコンバージョン数が反映されるため、コンバージョン総数が増えることで自動入札の精度向上が期待できます。

コンバージョン数の増加率が高い業種

設定したアカウントを前後比較した結果、調査対象のアカウントにおいては「賃貸」「リフォーム・住宅設備」などのPC・スマートフォンの両デバイスでの検討が行われる業種で増加率が高い結果となりました。

※比較条件:2018/1/24-2/14の間にデバイスをまたいだコンバージョン測定を設定したアカウントの設定前後1週間を比較し、中央値を算出。 比較期間内にアカウント・キャンペーンの予算を変更せず、前後両期間でCVが5以上発生しているアカウントを対象
※検証対象アカウント数が10以上の業種から抜粋。増加率は中央値で算出。

デバイスをまたいだコンバージョン設定の設定方法

デバイスをまたいだコンバージョンを測定する場合には、広告管理ツールの「ツール」>「コンバージョン測定」の「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」項目の設定を「する」に変更してください。

<既存のコンバージョン測定を変更する場合>


<新規でコンバージョン測定を設定する場合>


設定方法の詳細は以下のヘルプをご確認ください。
>デバイス(端末)をまたいだコンバージョン測定(ヘルプ)

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。