CPA(顧客獲得単価)を下げる方法

顧客獲得単価(CPA)の計算方法

    CPAとは、コンバージョン1件の獲得にかかったコスト。コンバージョン単価、顧客獲得単価、成果単価ともいいます。
    [CPA] = [広告コスト] ÷ [コンバージョン数]

式からも分かるように、コンバージョン数を増やすことで、顧客獲得単価を下げることが可能になります。コンバージョン数を増やすためには、 以下の対策があります。

1.クリック数を上げる方法

広告の視認性を高めてクリック数を改善する各種機能の設定がおすすめです。

  • ・広告表示オプションの設定
  • ・【】隅付き括弧の利用
  • ・拡大テキスト広告
  • 各設定のメリットなど詳細は以下よりご確認ください。
    ≫ クリック率を改善するためのおすすめステップ
    ≫ クリック率改善【広告表示オプション】
    ≫【】隅付き括弧が使用できるようになりました
    ≫ 90秒でわかる 拡大テキスト広告アップデートによるメリットと活用方法

    2.コンバージョン率を上げる方法

    ランディングページを見直す

    広告を配信してWebサイトまで訪れてもらったら、そのままコンバージョンにつなげたいですよね。 せっかく訪問したユーザーがWebサイトから離脱してしまう原因がランディングページにないか見直してみましょう。
    LPO(ランディングページ最適化)もコンバージョン率を高めるための重要なポイントです。

    ≫ LPOはメッセージの一致から
    ≫ コンバージョンを増やすためにはリンク先を見直すべし
    ≫ 広告はクリックされているのになぜCVにむずびつかないの

    ターゲティング設定を見直す

    適切な検索ユーザーに適切な訴求タイミングで広告配信がされているか、配信設定を見直しましょう。 配信を強化したい場合には、入札価格調整機能を利用しメリハリのある効率のよい広告配信をすることで、 コンバージョン率を上げ無駄なコストを下げることが可能です。

    ≫ ターゲティング設定を見直しCVRを上げる
    ≫ 入札価格を調整してメリハリある運用を

    無駄なクリックを減らしてコストを減らす

    実際に広告が、どんなキーワードで検索されているのか。あなたの広告の検索クエリー(インターネットユーザーが、情報や商品を探すために実際に検索した語句) を確認し、無駄なキーワードの入札価格を調整しましょう。
    また、不要なキーワードがある場合には対象外キーワードに登録をしてください。

    ≫ 検索クエリで広告をクリックしたユーザーのニーズが分かる
    ≫ 適切なキーワードのみで広告を出す

    学んだ内容を広告運用に活かしましょう

    スタッフが操作を無料でご案内します。
    お気軽にお問い合わせください。

    0120-559-703
    平日9:30~12:00、13:00~18:00
    (土日祝日お休み)

    ※注意事項
    掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
    例示している画面はイメージです。
    例示している組織・団体名、数字は架空のものです。