カテゴリ補足オプションとは

カテゴリ補足オプションは、「補足カテゴリー(小見出し)」と「補足内容(語句)」で構成されます。商材・サービスについて詳細な訴求文言を広告下部に表示することで、訴求力・クリック率の向上が見込めます。


<カテゴリ補足オプションの表示例>



<他の広告表示オプションと同時掲載の表示例>

「補足カテゴリー(小見出し)」は、あらかじめ13種類用意されており、その中から選択します。選択したカテゴリーに沿った形で、「補足内容(語句)」を付加します。

「カテゴリ補足オプション」のメリットと導入効果

「カテゴリ補足オプション」を使用することのメリットとしては「訴求力アップ」と「クリック率向上」の2点があげられます。

訴求力アップでクリック率向上

オプション表示により、詳細な情報を広告内に表示でき、占有面積も広くなることで、訴求力の向上やクリック率アップが見込めます。

カテゴリ補足オプションの掲出有無で実績を比較した際、カテゴリ補足オプションが掲出されることにより、クリック率(CTR)がPCで24%アップ、スマートフォンで27%アップしたという結果が出ました。

簡単な設定で、追加の料金なしで開始することができますので、ぜひご活用ください。

「カテゴリ補足オプション」おすすめの設定方法

最初に設定する際、「自社のサービス・商品を訴求したいけど、13種類のうち、どれを選べばいいかわからない」と悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■サービスを訴求したい場合
自社のサービスを訴求したい場合は、まずは汎用性のある「サービス」で設定いただいた上で、慣れてから、他の設定をお試しいただくのがおすすめです。
サービス 具体的なサービスのみ掲載が可能です。 例)レストラン予約、ホテル予約、タクシー手配
※その他の設定例:カテゴリ補足オプション[ヘルプ]

■商品を訴求したい場合
ECサイトで自社製品を販売している場合など、自社の商品を訴求したい場合は、まずは「タイプ」での設定をご検討いただくのがおすすめです。
タイプ 製品カテゴリに存在するタイプのみ掲載が可能です。 例)ガスヒーター、電気ストーブ、灯油ストーブ
※その他の設定例:カテゴリ補足オプション[ヘルプ]

■その他さまざまな訴求事例(下記はあくまでも一例です)


※その他、掲載可・不可例についてはヘルプページをご確認ください。
ヘルプ:補足カテゴリーと補足内容の入力例(カテゴリ補足オプション)

カテゴリ補足オプションの設定方法

1.「カテゴリ補足オプション」の入稿

(1)設定したいアカウントの「キャンペーン管理」画面を開き、「表示内容選択」で「広告表示オプション」をクリックし、「カテゴリ補足オプション」をクリック。

(2)「オプション一覧」サブタブをクリックし、[オプション作成・編集]ボタンから設定。

ヘルプ:広告表示オプションの作成(カテゴリ補足オプション)

2.「カテゴリ補足オプション」を、掲載したいキャンペーン・広告グループに関連付ける

(1) 1-(1)と同様の手順で、「カテゴリ補足オプションオプション」開く。

(2)「関連付け一覧」サブタブをクリックし、[関連付けの設定]ボタンから、関連付けを設定したい既存のキャンペーンや広告グループを選択。

ヘルプ:広告表示オプションの関連付け

カテゴリ補足オプションの実績確認

それぞれのカテゴリ補足オプションの実績を確認する方法、以下の通りです

1.「広告表示オプション」サブタブをクリックし、「カテゴリ補足オプション」を選択
2.「統計情報」サブタブをクリックして、実績情報を確認

 ≫広告表示オプションの統計情報

「テキスト補足オプション」と「カテゴリ補足オプション」の違いは?

広告表示オプションには、「テキスト補足オプション」という表示の似た既存機能があります。「テキスト補足オプション」と、「カテゴリ補足オプション」の大きな違いとは何でしょうか?

それは、独自の特徴を訴求するか、カテゴリーの範囲内で訴求するかの違いです。

商品・サービスの独自の特徴を訴求したい場合は「テキスト補足オプション」、カテゴリー分けで補足することで競合他社との違いを訴求したい場合は「カテゴリ補足オプション」をご利用いただき、効果的な広告掲載にご活用ください。もちろん、両方のオプションの併用も可能です。


Yahoo!広告に関して個別の電話サポートを実施しております

運用に関するご相談などお気軽にご相談ください。こちらからご連絡いたします。
「ご相談予約フォーム」からご連絡可能な日程をお知らせください。

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。