「Yahoo!アクセス解析」は、サービスの提供開始から1年がたち、このたび開設アカウント数1万を達成、さらに11/5(水)ウェブサイトの解析に必要な計測項目を追加し、ダウンロードできる項目も増えました。

そこで、今回は 「Yahoo!アクセス解析」の機能改善に携わった坂口にインタビューしました。

今回の機能改善について、詳しく教えてください

今回はさらに深い分析を行うための機能を大きく2つ改善しました。

1.分析指標の強化
「平均滞在時間」と「直帰率」をページごとや流入元ごとに見ることができるようになりました。これにより、例えば「このページは入口回数が多いのに直帰率が高いから、お客様の目的に合うようなページ内容に改善しよう」や「この広告から流入した場合は滞在時間が長く効果が高いから、もっと出稿を増やそう」といった分析ができるようになります。

2.ダウンロード項目の追加
「検索キーワードランキング」や「過去の足あと」などのデータがファイルでダウンロードできるようになりました。これにより、例えば「特定のデバイスのみ絞り込む」や「直帰率の順に並べ替える」など、これまでできなかった 分析が可能になり、分析の幅が広がります。

現在では、1万アカウントの広告主様に利用していただいている「Yahoo!アクセス解析」ですが、あらためましてこのサービスの紹介を!

Yahoo!アクセス解析担当者 坂口

自社ウェブサイトの売上や成約数向上のためには、サイトコンテンツや流入経路の改善を定常的に行う必要があり、改善施策の検討と実施、検証を繰り返していくことが大事なポイントとなります。Yahoo!アクセス解析は、そのサイクルをうまく回していくためにピッタリな、使いやすいツールとなっています。

特長としては大きく、わかりやすい画面で誰でも簡単に分析リアルタイムでデータを把握原則無料で1億ページビューまで利用可能の3つがあげられ、提供開始から1年で1万アカウントの広告主様にお使いいただいています。

アクセス解析をしないと、どんなデメリットがあるのでしょうか。

先ほど、成果を上げるためには、サイトコンテンツや流入経路の定期的な改善が必要と申し上げましたが、もしアクセス解析をしなければ、ユーザーのニーズや特性、トレンドなどを把握できないため、手がかりのない状態で施策を検討したり、実施した施策が効果的だったかもわかりづらく、効率的に改善を行ったりすることが難しくなります。

一方、アクセス解析で自社ウェブサイトのアクセス状況や傾向を分析することにより、改善施策のヒントを得たり、実施した施策がよかったのかどうかを確認し、それをまた改善につなげたりといった一連の流れをスムーズに回していくことができます。

アクセス解析は難しそうな印象があるのですが、専門的な知識がなくても使えますか?

Yahoo!アクセス解析では、ページビュー数や検索流入数、ユーザー属性などの数値が表やグラフで視覚的に表示され、数値の推移や割合などを一目で把握することができるため、専門的な知識がなくても使いやすいようになっています。

また、導入方法も簡単です。詳細は以下リンクをご覧ください。

どんな広告主様に使っていただきたいですか?

アクセス解析をやってみたいけど、難しくて使いこなせそう…と躊躇されている広告主様にぜひご利用いただきたいです。Yahoo!プロモーション広告をご利用の広告主様であれば、原則無料でお使いいただけますので、気軽に始めることができます。

また、すでに他のアクセス解析サービスを導入済みだが、難しくてうまく使いこなせていらっしゃらないという広告主様にも、一度お試しいただければと思います。

設定する際に気をつけるポイントを教えてください

1つのウェブサイトに対して、Yahoo!アクセス解析を設定できるのは1アカウントのみです。

複数のアカウントで1つのウェブサイトを設定すると、数値が正常に取得できない場合があるため、複数のアカウントをお持ちの場合は、Yahoo!アクセス解析を利用するアカウントを決めたうえで、設定を行ってください。

また、すでに複数のアカウントで設定した場合は、以下のリンクをご確認のうえ、設定を変更してください。

最後に、広告主様にメッセージを!

広告主様のビジネス拡大のお役に立てるようなサービスを提供できるよう、これからも機能追加や事例紹介などを行っていきますので、ご期待ください。

まだ、Yahoo!アクセス解析を始めていない方は、ぜひこの機会にはじめてみましょう。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。