Yahoo!広告は、事前に広告費用をチャージ(入金)し、その中から実際にかかった広告費用が消費されていく前課金制です。そのため、残高が無くなってしまうと、広告の掲載が自動的に止まってしまいます。

みなさんにも「しまった。入金するのを忘れていた!」「気づいたときには、残高が少なくなっていた…」など、残高不足により広告掲載が止まっていたという経験も多いのではないしょうか。

広告は、ユーザーの目に触れてはじめて効果を発揮するサービスです。残高が少なくなってしまったことが原因で、広告の掲載が止まってしまうと、想定していたクリック数やコンバージョン数、さらにビジネス効果にも影響が出てしまいますので、注意しましょう。

アカウント残高は、十分ですか?

祝日や連休期間中、イベンド期間など、通常の土曜日や日曜日とは違った広告の配信状況になる場合があり、扱っている商品やサービスによっては、気候の変化で急に検索数が伸び、予想以上にクリック料金がかかっていたということもありえます。そんな時、アカウント残高が不足して、意図せず広告配信が止まってしまうといったことがないように、今後の販促スケジュールにあわせて、アカウント残高が不足していないかどうか確認をしておきましょう。

まずは、アカウント残高を確認してみましょう
≫ アカウント残高の確認方法(ヘルプ)

残高不足による掲載停止を防ぐには、「自動入金」がおすすめ

広告を掲載し続けるには、残高が少なくなってきたら、都度チャージ(入金)していただく必要がございます。入金方法は、銀行振込とクレジットカードの2種類があり、さらにクレジットカードには、自動入金と手動入金が選べます。
≫ お支払い方法と入金手順(銀行振込/クレジットカード)(ヘルプ)

ただし、銀行口座からの振込の場合、アカウント残高に反映されるまで3営業日ほどかかるので、すぐに広告を再開したいなどスピーディーに対応することができないケースがあります。また、クレジットカードの手動入金も毎回、自分で入金の手続きを行う手間がかかってしまい、入金を忘れてしまうという可能性も多く残っています。

そこで、手間もかからず、広告の掲載を止めないためにもクレジットカードによる自動入金をおすすめいたします。

≫ クレジットカードでの入金方法
≫ 自動入金の設定方法(ヘルプ)
≫ 自動入金額の変更方法(ヘルプ)

クレジットカードの「自動入金(月定額一括入金)」で安心運用

毎月1日の1回のみ、お客様が設定した金額を入金する入金方法です。1カ月の入金額が想定より増えることはなく、広告料金の使いすぎを防ぎながら広告運用が可能です。
また、アカウント残高の減少により広告掲載が停止する可能性のあるときは、手動入金を併用して、追加の入金も可能です。
≫ 予算管理の悩みを解消! 安心・簡単な「自動入金(月定額一括入金)」

<こんな方におススメ>

  • Yahoo!広告の利用を開始したばかりで入金設定額に不安がある。
  • 月額の広告予算を決めて広告料金の使いすぎを防ぎたい。

1日0時の時点で、アカウント残高が設定金額を上回っている場合、その月は入金されません。

通常の「自動入金」との違いは?

通常の「自動入金」は、アカウント残高が減少したタイミングで入金する方法で、月額上限値の設定ができません。検索動向により一時的に課金が増加した場合など、例外的に 広告料金を多く使ったとしても、機会を損失することなく売上を伸ばしたい広告主様におすすめの機能です。
≫ 自動入金(月定額一括入金)について(ヘルプ)


配信設定は、「オン」になっていますか?

こちらも残高の確認と同様、祝日や連休明けには必ずチェックしてください。その期間中、手動でアカウント自体を「オフ」に設定し、お休みの後に元の設定に戻し忘れてしまう広告主様もいらっしゃいます。 広告の掲載機会を失わないように、広告の配信設定は日々確認しましょう。

≫ 広告の配信設定を再確認しましょう
≫ 広告の配信状況と対処法について

お支払いに関するヘルプ

≫ お支払いについて(ヘルプ)
≫ お支払い方法と入金手順(銀行振込/クレジットカード)(ヘルプ)
≫ お支払方法の変更について
≫ 自動入金(月定額一括入金)について
≫ 自動入金額の変更方法

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。