スマートフォンの利用時間が顕著に伸びている昨今、インターネット広告においても、スマートフォン広告の利用が欠かせません。

しかし、普段運用しているスポンサードサーチについて「どのくらいスマートフォンに配信されているのか」、「スマートフォン広告のパフォーマンス(配信状況)はどうなっているのか」など、実は把握できていないという広告主の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、スポンサードサーチにおけるスマートフォン広告のパフォーマンスについてチェックしてみましょう。

運用のプロはここを見る! スマートフォン広告の効果を測る13の指標~確認編~

スポンサードサーチのデバイスごとの設定について

はじめに、スポンサードサーチのデバイスごとの設定についておさらいしておきましょう。

・初期設定では、1つのキャンペーンで全てのデバイスに広告が配信される
・初期設定では、各広告グループ・キーワード単位でパソコン、タブレット、スマートフォンの入札価格は同じ金額設定
・必要に応じデバイスごとに入札価格調整率を設定できる

 (例)パフォーマンスをチェックし、スマートフォンのインプレッションをより高くしたい場合は、スマートフォンの入札価格を高く設定

スマートフォンでは掲載順位が重要! スマートデバイス時代の広告戦略とは

スマートフォン広告の効果を正しく測る13の指標

キャンペーン一覧画面において、表示項目を以下の初期状態のままにしていませんか?

「インプレッション数」「クリック数」「クリック率」「合計コスト」だけでは、広告のパフォーマンスを正しく把握することができません。

広告効果を正しく測るには、初期状態1~4の項目に加えて、以下5~13の項目を追加で表示しましょう。

初期状態で表示されている指標

項目 説明
1 インプレッション数 広告が表示された回数
2 クリック数 表示された広告がクリックされた回数
3 クリック率 インプレッション数(広告の表示回数)に対する、広告がクリックされた割合

<計算式>
クリック率(%)=クリック数÷インプレッション数×100
4 合計コスト クリック料金の合計

追加で表示したほうが良い指標

項目 説明
5 コンバージョン数(※) 広告をクリックしたユーザーのサイト訪問が、商品の購入や会員登録、資料請求など、サイト上で何らかの成果(コンバージョン)につながった数。
6 コスト/コンバージョン数(※) 顧客獲得単価。1コンバージョン(商品購入や会員登録など)を獲得するのにかかるコスト

<計算式>
コスト/コンバージョン数=合計コスト÷コンバージョン数
7 コンバージョン率(※) コンバージョン数をクリック数で割った値。

<計算式>
コンバージョン率(%)=コンバージョン数÷クリック数×100
8 インプレッション損失率(予算) 広告表示機会の総数のうち、予算が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合
9 インプレッション損失率(掲載順位) 広告表示機会の総数のうち、掲載順位が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合
10 インプレッションシェア 広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数(インプレッション数)の割合
11 完全一致の
インプレッションシェア
キャンペーンで獲得した広告のインプレッション数(表示回数)のうち、登録キーワードが検索キーワードと完全一致で表示された割合
12 入札価格調整率 パソコン、タブレット、スマートフォンのの各デバイスにおいて、入札価格に対して設定する入札価格割合

※コンバージョン設定において「自動入札の利用:しない」を選択している場合、「コンバージョン数」の実績としてカウントされません。「自動入札の利用:しない」のコンバージョンも含めて実績を確認したい場合は、「すべてのコンバージョン数」「コスト/すべてのコンバージョン数」「すべてのコンバージョン率」の項目を追加してください。

指標の追加方法

広告管理ツールにログインしましょう。

広告管理ツールへログイン

1. 「スポンサードサーチ」タブ、「キャンペーン管理」タブをクリックします。

2. 表示内容選択の「キーワード」「広告」「広告グループ」「キャンペーン」のいずれかを選択します。


※「入札価格調整率」の指標を確認する場合のみ、表示内容選択の「ターゲティング」を選択し、「デバイス」サブタブをクリックします。

3. 「表示」、「表示項目の編集」の順に選択すると、追加表示項目が選択できるようになります。

4. 各項目をドラッグ&ドロップすることで、表示順を任意の順番に入れ替えることもできます。

スマートフォン広告のパフォーマンスをチェック

スマートフォン広告の配信状況を確認するには、デバイスごとの配信状況を確認する必要があります。
「表示」のプルダウンから「デバイス」を選択し、デバイスごとのパフォーマンスを確認してください。

項目 説明
PC パソコンにおける広告表示パフォーマンス
フルブラウザー搭載の携帯端末 スマートフォンにおける広告表示パフォーマンス
フルブラウザー搭載のタブレット端末 タブレットにおける広告表示パフォーマンス

スマートフォン広告のパフォーマンスは確認できましたか?
次回は、実際にこの指標を確認し、スマートフォン広告を効率的に配信する方法をご紹介します。

運用のプロはここを見る! スマートフォン広告の効果を測る13の指標~確認編~

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。