広告運用の効果アップは、「改善」と「検証」がセオリー

運用型広告の特徴は、(ほぼ)リアルタイムに広告のクリエイティブや配信先を調整して効果を改善できることです。CPA、CPC、CVRといった指標を計測しながら文字通り「運用」するわけですが、運用できなければ枠売りの純広告と変わりません。運用型広告は運用して改善できるからこそ、効果を得られるものなのです。

広告運用のPDCAステップ

広告に対するインターネットユーザーの反応を正しく把握し、それをもとに運用改善してより効果の高い広告を配信することが重要です。広告の効果を高めることで、同じ期間、同じ広告費でも、より多く売り上げを伸ばすことが可能です。

具体的な改善ステップを確認してみましょう
≫ 広告運用は「検証」と「改善」が鉄則

指標に基づいた改善例

広告掲載開始後は、効果を正しく把握できていなければ、問題点の発見や的確な改善もできません。効果を正しく把握するには、広告やそれをクリックしたインターネットユーザーに関するさまざまな指標(データ)が必要です。
≫ 知っておくべきコンバージョン関連用語
≫ 検索広告用語集(ヘルプ)

<必ず把握しておくべき広告運用の指標>

  • 広告の表示回数(インプレッション数)
  • 広告クリック数
  • コンバージョン数

広告の「表示回数」「クリック数」「クリック率」「コンバージョン数」「コンバージョン率」の変化から、どのようなことが読み取れて、改善につなげられるかの例をご紹介します。
≫ 効果的な広告の改善例

運用のプロがお勧めする広告効果改善の秘訣

「運用のプロがお勧めする広告効果改善の秘訣!」と題したセミナーの動画アーカイブをご紹介いたします。

運用改善、効果アップに欠かせない機能のご紹介をヤフーの提供するサービスのご紹介も交えてご説明しています。いつでも見ることのできるセミナーですので、ぜひ、ご覧ください。

<セミナーアジェンダ>

  • 推奨アカウント構造
  • 検索広告の指標について
  • 自動入札機能を使うメリット

≫【セミナー】運用のプロがお勧めする広告効果改善の秘訣!こんなことでCTRが60%も向上!?

検索広告とディスプレイ広告を組み合わせて、さらに効果アップ!

検索広告を運用するうえで、こんなお悩みありませんか?

  • コンバージョン数を増やしたい
  • クリック数を増やしたい
  • クリック単価を安くしたい
  • 競合が多い

検索広告だけではカバーしきれないユーザーを獲得し、コンバージョン率を高める方法があります。

検索広告だけではカバーしきれないユーザーを「サーチキーワードターゲティング」で獲得

検索広告の質を高めていくとコンバージョン率は上がりますが、それでも広告をクリックしないユーザー、クリックしてもすぐに離脱するユーザーは存在します。 そんなユーザーにアプローチするためには、ディスプレイ広告サーチキーワードターゲティングの利用をおすすめします。

ディスプレイ広告は、Yahoo! JAPANのトップページをはじめとするコンテンツページを見ているときに表示される広告です。 サーチキーワードターゲティングを活用することで、広告の表示機会を増やしてコンバージョンされるチャンスを広げることができます。

≫ 検索広告だけではカバーしきれないユーザーを獲得する方法
≫ サーチキーワードターゲティング(ヘルプ)
≫ サーチキーワードターゲティングの仕組みと設定(ヘルプ)

【成功事例】ディスプレイ広告を併用して、コンバージョン数が約30%アップ

最初は、検索広告だけをご利用いただいていた株式会社クリエイト様。
検索広告でとりきれない潜在層へ訴求しようとディスプレイ広告の運用も平行して開始したのですが、これが大成功でした!

サービス名を使用した画像広告・テキスト広告の展開で認知度・知名度が向上し、サイト名の検索数が増加。その結果、サイト全体のコンバージョン数が前年比で約30%アップとCPAのさらなる改善に至りました。

≫ 株式会社クリエイト様の「ディスプレイ広告を併用して、コンバージョン数が約30%アップ」事例はこちらから

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。