サポートセンターへのよくある質問(カテゴリ別)

Q. スポンサードサーチで長期間配信し続けてきた広告を「拡大テキスト広告」に入稿し直し、配信を開始しました。すると、広告の表示回数が減ってきたのですが、なぜですか?

  A. スポンサードサーチの掲載順位(広告の表示回数)には、「広告の品質」が影響します。広告の品質は、過去のクリック率など、これまでの広告の実績を元に決定されます。そのため、過去実績のない「拡大テキスト広告」への切替えを行った直後は、広告表示回数が減少することがあります。3つの対応策をご紹介しますので、貴社の運用にあわせてお試しください。

1.段階的に拡大テキスト広告へ切り替える
2.「広告表示の最適化」を「最適化しない」に
3.拡大テキスト広告の入稿をする際に、クリエイティブを変更する

1. 段階的に拡大テキスト広告へ切り替える

広告グループ内で従来配信していた広告を削除して、過去の実績がない拡大テキスト広告にいきなり変更すると、品質の低下から広告配信回数の減少につながる可能性があります。

【対策】

まずは、拡大テキスト広告と既存の広告を並行運用しましょう。その後、品質の安定した広告から徐々に切り替えを行ってください。

※「広告の品質」の具体的な数値は確認できませんが、キーワードごとに表示される「品質インデックス」を参考値として確認いただけます。
品質インデックス(ヘルプ)

2.「広告表示の最適化」を「最適化しない」に

スポンサードサーチのキャンペーンで設定できる項目に「広告表示の最適化」があります。この設定で「最適化して配信」を選択している場合、クリック率やコンバージョン率の高い実績を持つ広告を優先的に配信します。つまり、拡大テキスト広告を入稿したキャンペーンで「最適化して配信」になっている場合、配信を開始したばかりで過去の実績がないため、前述した「広告の品質」の低下が原因で広告配信回数の減少につながっている可能性があります。

■キャンペーンの「広告表示の最適化」

【対策】

拡大テキスト広告に切替えたキャンペーンで「広告表示の最適化」の設定を確認し、「最適化して配信」になっている場合は、「最適化しない」または「均等に配信」に設定を変更しましょう。その後、広告単位の表示回数を定期的にチェックし、効果にあわせて徐々に「最適化して配信」に戻してください。

(確認方法)
1.広告管理ツールでスポンサードサーチの「キャンペーン管理」をクリックし、キャンペーン一覧から該当のキャンペーン名をクリック
2.画面上部の「キャンペーン設定情報」をクリックし、「広告表示の最適化」の項目を確認
 ⇒「最適化して配信」になっている場合は、画面下部の[設定内容を編集]ボタンを押し、設定を変更してください。

3.拡大テキスト広告の入稿をする際に、従来のクリエイティブの変更する

拡大テキスト広告は、従来の形式の広告と入稿フォーマットが異なり、掲載できる情報量が大幅に増えました。これにより視認性が高まり、インターネットユーザーの目にとまりやすくなっているのが特徴です。それにもかかわらず、従来の広告と同じクリエイティブのままでは効果が悪いとシステムに判断され、広告表示回数の減少につながる可能性があります。

【対策】

拡大テキスト広告を入稿する際に、ぜひクリエイティブ自体を見直してください。

(参考) 【拡大テキスト広告】クリック率をアップさせる広告作成のコツ

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。