サービスをご利用中の広告主様向けトップ > 広告主様へのお知らせ2016年 > 【重要】スポンサードサーチにおけるキャンペーン機能の強化について 1

広告主様へのお知らせ

2013/03/06

【重要】スポンサードサーチにおけるキャンペーン機能の強化について 1

平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

さてこのたび弊社では、Yahoo!プロモーション広告 広告管理ツールの利便性を向上させ、一層の機能拡充を進めていくため、2013年夏ごろにスポンサードサーチにおける、「キャンペーン機能の強化」を予定しています。


■キャンペーン機能強化の背景について

昨今、新しいデバイスの普及に伴うマルチデバイス化が進むにつれ、インターネットユーザーのスマートフォン・タブレット端末の利用時間が増加傾向にあります。(*1)

*1 デバイス別1日平均滞在時間
※パソコン・スマートフォン・タブレット版Yahoo! JAPANにおける1ユニークブラウザあたりの1日平均滞在時間(分)

2012年7月と2013年1月の実績値 ※グラフはパソコンの1日平均滞在時間を「100」とした場合の相対値で算出

また、デバイスの急速な進化により、インターネットユーザーは複数のデバイスを併用しており(*2)、場所・時間・状況に合わせて、パソコン・スマートフォン・タブレット端末のデバイスを使い分けていることも予測されます(*3)。


*2 デバイス所有状況
※パソコン・スマートフォン・タブレットのうち、1つ以上のデバイスを所有しているユーザーのみの割合(79,039ユーザーが対象)

調査期間:2013年2月5日(火)~7日(木)

*3 各デバイスにおける時間帯別ユニークブラウザ数推移
※パソコン・スマートフォン・タブレット版Yahoo! JAPANにおける時間帯別ユニークブラウザ数

2013年1月の実績値 ※推移は各時間帯の平均検索数を「1」とした場合の相対値で算出

現在、インターネットユーザーが各デバイス間でとる検索行動、特にパソコンとタブレット端末での行動は非常に似た傾向にあります。(*4)
また、その傾向は、今後一層顕著になると考えられます。


*4 デバイス間における検索キーワード重複率
※パソコン・スマートフォン・タブレット版のYahoo!検索における検索数上位10,000キーワードのうち、重複しているキーワードの割合を「パソコンとタブレット」「パソコンとスマートフォン」で抽出

2013年1月の実績値

このようなインターネットユーザーが置かれた状況に対して、最適な広告提供を実現するため、弊社ではキャンペーン機能の強化を実施いたします。

■主な機能強化について

1. キャンペーンのマルチデバイス化
キャンペーン機能の強化により、一つのキャンペーンで全てのデバイスの広告管理を実現します。
これにより、デバイスごとにキャンペーンを管理する必要がなくなり、同一キャンペーン内で予算の管理を行うことが可能になります。
また、入札価格の設定においても、同一キャンペーン内で「デバイス」、「時間」、「地域」ごとの入札管理が可能になります。

2. ユーザーの状況に応じた広告配信の最適化
インターネットユーザーが検索したキーワードは、同じであったとしても、外出先や、勤務先、自宅など、自身が置かれた状況によって、その意図は全く異なることが考えられます。
機能の強化後は、デバイスごとにキャンペーン管理を行わなくても、キャンペーン内の同一キーワードで、インターネットユーザーの利用シーンに応じた適切な広告表示が可能になります。


■今後の日程や詳細について

本件に関する、日程や詳細につきましては、決定次第、本サイトやEメール等で、あらためてお知らせいたします。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

※本ページのデータはヤフー株式会社自主調査によるものです。

ページトップ