このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Twitter広告のお役立ち機能

Twitter広告だからできる高度なターゲティング

キーワード

任意のキーワードを設定し、特定のキーワードを含んだツイートをしているユーザーや、Twitter内検索で特定のキーワードを調べたことのある人へ広告を配信できます。設定の際、キーワードは部分一致かフレーズ一致か選べます。

「フォロワーと類似ユーザー」

「フォロワーと類似ユーザー」は、Twitterユーザー名を入力し、そのユーザーをフォローしている人と似た属性を持った人へ広告が配信されます。

<例>

ターゲティングを効果的に使えば、より多くの最適なTwitterユーザーに広告を配信することができます。
例えば、自動車のパーツを販売したい場合は、自動車メーカーや自動車雑誌に関連するTwitterアカウントをターゲットに指定すれば、そのフォロワーや類似のユーザーに広告が配信されます。国内航空券を販売するなら、観光地に関するツイートをしているユーザーや、スポーツ観戦やコンサートで国内を移動するファンのTwitterアカウントをターゲットに指定しましょう。

ターゲティングを使って、「Twitter広告」を極めましょう。
ターゲティングの詳細を見る

「140文字+α!」でサイトへ効果的に誘導する【Websiteカード】

Websiteカードとはツイート中で貴社ウェブサイトのコンテンツを表示し、ユーザーをサイト内の任意のページに誘導できる機能です。Twitterユーザーがクリックする前にタイムラインの画像、関連するコンテキスト、行動を促すメッセージを確認できるため、通常のツイートよりもクリックしてもらえる可能性が高まります。
【Websiteカード】の詳細を見る

スマートフォンユーザーが多い「Twitter」でアプリを告知

膨大なアプリ市場で、特定のアプリをユーザーに届けるのは非常に難しいのではないでしょうか。
Twitter広告なら、TwitterのタイムラインまたはTwitterの検索結果に、アプリのインストールや利用を促す広告が掲載され、広告内に[インストール]ボタンからユーザーを直接アプリストアに誘導できます。アプリを商材とする広告主の皆様には、おすすめの機能です。
「Twitter」でのアプリの告知方法の詳細を見る

お申し込みに関するご相談はこちら

TEL:0120-056-559平日9:00 - 18:00(土日祝日お休み)

まだホームページをお持ちでない方は自社ホームページを持つには
すでにYahoo!プロモーション広告のアカウントをお持ちの方はTwitter広告の掲載開始までの手順
をご参照ください。

本文はここまでです このページの先頭へ