このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

スポンサードサーチのご利用料金

広告料金について、よくあるご質問

「スポンサードサーチ(検索連動型広告)」は広告主様の状況にあわせて柔軟に料金を設定でき、最低3,000円からご利用いただくことができます。

このページでは料金システムについてよくある質問を掲載しています。
また「広告を掲載したいけど料金が・・・」といった不安がある方は電話相談窓口や料金のお問い合わせ専用フォームがありますので、お気軽にお問い合わせください。

広告料金の目安や、
入金方法の種類は?

最低3,000円からご利用可能で、月額30,000円以上で効果を実感しやすくなります。入金方法はクレジットカード、銀行振込の二種類から選択可能です。

広告料金や入金方法の詳細を見る

自分で広告料金を自由に設定・変更できる?

広告キーワードごとに、1クリックあたりに支払う料金の上限額(入札価格)を自由に設定、変更ができます。

料金の設定・変更の詳細を見る

広告料金発生の仕組みは?

検索結果画面に表示された広告がクリックされてはじめて、広告料金が発生します。たとえ検索結果に広告が表示されても、クリックされなければ料金は発生しません。

料金発生の仕組みを見る

専門スタッフが料金の詳細についてお電話でもご説明させていただきます。
ぜひお気軽にご連絡ください。

TEL:0120-056-559平日9:00 - 18:00(土日祝日お休み)

まだホームページをお持ちでない方は自社ホームページを持つにはをご参照ください。

広告料金の目安や、入金方法の種類は?

「スポンサードサーチ」は最低3,000円からご利用いただくことができますが、より一層効果を実感していただくために月額30,000円以上のご入金を推奨しています。
業界や業種・規模により最適な入金金額が異なりますので、料金に関してお悩みの方は電話相談窓口や料金のお問い合わせ専用フォームからお気軽にお問い合わせください。

30000円オススメの入金額です。3000円スポンサードサーチを利用できる最低金額です。※広告効果を実感できない可能性があります

広告料金の入金は電子マネーと同じように、使いたい分だけ事前に入金するシステムです。
事前にアカウントに入金した金額以上の広告料金を請求されることはないため、初めてスポンサードサーチを試される方も安心してお使いいただけます。 入金方法は、クレジットカード、銀行振込の二種類です。

1)クレジットカード。2)銀行振込

参考ページ:お支払いについて

自分で広告料金を設定・変更できる?

スポンサードサーチでは広告キーワードごとに、1クリックあたりに支払う料金の上限額(入札価格)を広告主様が自由に設定できます。

※広告の掲載位置は、入札価格などによって決定するオークション制となります。また、下記に示す通りキーワード選びに役立つ「キーワードアドバイスツール」の利用や1日単位での広告の掲載・停止などを自由に変更でき、その内容は即時反映されます。

キーワード選択に役立つ便利なツールも利用可能

事前に1クリックあたりの平均クリック料金(推定値)など各種情報がわかります。

参考ページ:もう悩まない!キーワード選びはキーワードアドバイスツールにおまかせ!

掲載期間は「1日単位」で設定可能です

「平日のみ」など特定の期間に集中して広告配信を行うことも可能です。

1日あたりの上限予算が設定可能

事前に設定した上限予算に達したら広告配信を自動的に停止します。

※最低契約期間などの条件はありません。
参考ページ:予算を超過したコストは返金してくれますか?

広告料金発生の仕組みは?

スポンサードサーチの広告料金は、広告が検索結果画面に掲載されるだけでは発生しません。
広告がクリックされて、インターネットユーザーが広告主様のウェブサイトを訪れてはじめて料金が発生する仕組みです。

そのため無駄な費用がかからず、また事前にアカウントに入金した金額以上の料金は発生しないため、初心者の方にも安心してご利用いただける広告です。
※クリック料金以外の費用は発生しません。

料金は、インターネットユーザーが広告をクリックし、広告主様のウェブサイトを訪れてはじめて発生します。

以上、スポンサードサーチの料金についてご説明でした。
「ページを見たけれど、まだ料金のイメージがつかめない…」
「広告を掲載したいけど料金について不安がある…」
そのような方は、下記よりお気軽にお問い合わせください。

専門スタッフが料金の詳細についてお電話でもご説明させていただきます。
ぜひお気軽にご連絡ください。

TEL:0120-056-559平日9:00 - 18:00(土日祝日お休み)

まだホームページをお持ちでない方は自社ホームページを持つにはをご参照ください。

本文はここまでです このページの先頭へ