Yahoo!アクセス解析をおさらい。ウェブサイトの「訪問者」は何人?

あなたのウェブサイトには、どのくらいインターネットユーザーが訪問しているかチェックしていますか? まだチェックしていない方のために、まずはYahoo!アクセス解析のおさらいです。

  1. 1.広告管理ツールにログインし、[運用サポートツール]タブ、次に[Yahoo!アクセス解析]タブをクリックします。
  2. 2.[サマリー]タブで「訪問者数」をチェックします。
  • 今日(現在まで)の訪問者数をチェック
  • 対象期間を指定して、訪問者数をチェック
Yahoo!アクセス解析をおさらい。ウェブサイトの「訪問者」は何人?

「訪問者」のうち、成約につながるのは何パーセント?

では「訪問者」のうち、どのくらいの割合が成約につながっているのでしょうか?

一度目のサイト訪問では、成約にたどりつく前に離脱してしまう場合も少なくありません。例えば、サイトを訪れたユーザーの2%がその場での成約につながった場合、残りの98%は興味を持ってサイトを訪れてきたものの、成約までは至らず離脱してしまったことになります。

その98%のユーザーに対して、広告を掲載するのが「サイトリターゲティング」です。

“サイトリターゲティング”で「訪問者」を狙い撃ち

「サイトリターゲティング」は、広告主様のウェブサイトを一度でも訪れたことのあるユーザーに対して配信できる広告です。

サイトリターゲティングとは

例えば、ウェブサイトを訪問してきたものの、一度離脱してしまったユーザーがYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の広告掲載面を閲覧している際、そのユーザーに向けてサイトリターティング広告を表示させることができます。そうすることで、ユーザーに以前のサイト来訪やその背景を思い出させ、再訪問を後押しできます。

一度サイトを訪れたことがあるということは、「商品に関心が高い=見込み顧客である度合いが高い」と考えられるため、より高い広告効果が期待できます。

サイトリターゲティングで効果を出すなら、「未コンバージョン」ユーザーを狙え

“サイトリターゲティング”を始めるには、Yahoo!タグマネージャーでかんたん設定

サイトリターゲティングを始めるには、訪問者のデータを蓄積するために、専用のタグをウェブページに設置する必要があります。

サイトリターゲティングの仕組み

Yahoo!アクセス解析を利用している場合は、自動的にYahoo!タグマネージャーのユニバーサルタグが設置されています。このユニバーサルタグを使うと、ページにサイトリターゲティング用タグを追加することなく、管理画面で簡単に設定できます。

「Yahoo!タグマネージャー」について

設置方法は簡単です。
広告管理ツールから、「Yahoo!タグマネージャー」にアクセスし、管理画面上でサイトリターゲティング用タグを追加すれば、配信準備は完了です。

まずは、サイトリターゲティング用のタグ取得から始めてみましょう。

サイトリターゲティングを始める

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。