アクセス解析とは?

ウェブサイトを使って商品の販売や宣伝といったビジネス活動を行ううえで、欠かすことのできないものがアクセス解析です。

アクセス解析とは、自社サイトを訪れるインターネットユーザーについてのさまざまな情報を把握し、分析することです。アクセス解析によって、例えば次のようなことが把握できます。

  • 利用規模(サイトに何人訪れて、どのページが何人に見られているか)
  • 自社サイト内での行動(どのページ経路をたどってコンバージョンにつながったのか)
  • 検索キーワード(どのような検索キーワードを経由してアクセスしているか)
  • 参照元(どこから訪問者がサイトへアクセスしてきたのか)
  • 接続環境(どのようなデバイスからインターネットにアクセスしているか)
  • 利用者属性(どのような性別や年代の人が訪れているか)
  • 接続元(どこの国、地域、組織からアクセスしているか)

これらの情報は、自社サイトがねらいどおりに利用されているかどうかを客観的に測るバロメーターであり、課題を見つけて改善につなげるためのヒントになります。

たとえば、いくらダイエットに取り組んでも、体重を測定していなければ順調なのかどうかわかりません。同じように、アクセス解析は自社サイトの運営がうまくいっているかどうかを知るための手がかりになります。

アクセス解析を行わないと、自社サイトにどんな人がきてどのような動きをとったのかわからない

さらに広告運用においては、アクセス解析はより一層重要な役割を果たします。

「広告運用の基本」では、「広告の効果測定をして課題を見つけ、改善につなげることが重要」と説明しました。基本となるのは「コンバージョン測定タグ」による広告成果の把握ですが、アクセス解析ではさらに詳細な効果測定と課題発見が可能です。

例えば、インターネットユーザーが広告をクリックしてから商品の購入に至るまで、どのような行動をしてきたのかが把握できます。また、商品の購入には至らないものの、集客効果が高い(クリック率が高い)広告がある場合は、その広告をクリックしたインターネットユーザーの行動を分析することで、広告に問題があるのか、それともウェブページに問題があるのか、本当の問題点を突き止めることができます。

アクセス解析によって自社サイトに関するさまざまな要素が可視化される

アクセス解析でできることは現状を把握し課題を見つけるところまでです。アクセス解析は重要ですが、分析しただけでは何も変わりません。分析結果をもとに、改善点や注力すべきポイントを見つけて、次の施策につなげることで、初めてアクセス解析の意味が出てくるのです。

まだアクセス解析をしていないなら、いますぐYahoo!アクセス解析を導入してサイト運営と広告運用のレベルアップを図りましょう。

アクセス解析によって「インターネット広告運用の流れ」のSTEP 3とSTEP 4はさらに充実したものになる

Yahoo!アクセス解析を活用した広告効果測定と具体的な改善例については、
「運用サポートツール」のYahoo!アクセス解析をご覧ください。

Yahoo!アクセス解析で、広告クリック後のユーザー行動を分析・改善

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。