ウェブサイト運営においてタグ管理ツールが重要な理由

ウェブサイト運営では、アクセス解析を駆使してデータを集め、自社サイトを訪れるインターネットユーザーの行動を把握し、問題があれば改善を加えることが鉄則です。

これは広告運用でも同様で、インターネットユーザーによる広告の閲覧やクリックとコンバージョン(商品購入や資料請求など)を関連付け、広告の効果がどれだけあったかを測定することができます。そして、効果の高い広告に対しては、さらに効果が向上するよう改善を繰り返します。

これらの分析対象となるデータは、ウェブページに設置したタグによって取得できます。すでに広告システムやアクセス解析ツールを使ってコンバージョンを測定していたり、リターゲティング広告を実施していたりする場合は、そのためのタグが各ウェブページに埋め込まれているはずです。

ところが、さまざまなツールやサービスのタグを追加していくと、タグを追加したり削除したりする管理の手間も増えます。「コンバージョン用」「リターゲティング用」「アクセス解析用」「レコメンデーション用」「DSP用」……と、ウェブサイトで使われるタグの種類は増え続けており、それに比例して管理の負担も増しています。成果を上げるために新しいツールを導入したはずが、かえって負担になってしまうことも少なくありません。このような悩みを解決してくれるのが「タグ管理ツール」です。

タグ管理ツールでは、これまでウェブサイトの管理システム(CMS)やページごとに加えていたタグの修正を一括して管理できます。また、どのページでどのタグが有効になっているか、正しく実行されているかといったことまで把握できます。

タグ管理ツールの導入によって管理負担が軽減され、作業の簡易化も図れる

タグを使った新しい分析ツールや広告サービス、ウェブサイトへの機能追加サービスは、次々と新しいものが登場し、日々進歩しています。タグ管理の環境を整えておくことで、それらのサービスを新しい施策にすばやく取り組めるようになります。また、ウェブサイトの管理者と広告担当者が別でも、管理者に依頼することなく担当者がタグを修正できるため、すばやく対応できます。このように、タグ管理は単に管理の手間を減らす以上のメリットがあるのです。

すでにタグを使っている方も、これから本格的に取り組もうと考えている方も、ウェブサイト運営の必須項目として、アクセス解析ツールとともにタグ管理ツールの導入を考えるべきでしょう。

Yahoo!タグマネージャーの概要については、「運用サポートツール」のYahoo!タグマネージャーをご覧ください。

複数タグの設置により発生するさまざまな課題を解決「Yahoo!タグマネージャー」

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。