皆さん、こんにちは。Yahoo!リスティング広告スタッフブログ担当の林です。今回も前回に引き続き、渡航先別インターネット検索活用の実態調査をご紹介します。前回お届けした前編では、「海外旅行」に関する調査結果のうち、「東アジア」「東南/中央/南/西アジア」「アフリカ、中近東」「ハワイ、グアム、サイパン」を取り上げてお伝えしました。今回お届けする後編では「オセアニア」「ヨーロッパ、ロシア」「北アメリカ」「中南米」に焦点を当ててご紹介します。

まずは渡航時期に関するデータから。やはり南半球のオセアニアは1月がもっともハイシーズンのようです。日本の真冬は、オセアニアでは真夏。季節が逆の土地で暖かく過ごしたい方が多いと推測され、シーズナリティの重要性がよくわかる結果といえます。(Yahoo! JAPAN独自の調査結果)

■直近の「オセアニア」渡航時期(単一回答、n=206)

直近の「オセアニア」渡航時期

続いて、ヨーロッパ・ロシア方面に関するデータをご紹介します。

■「ヨーロッパ、ロシア」方面への旅行を決めてからの出発までの期間(単一回答、n=310)

「ヨーロッパ、ロシア」方面への旅行を決めてからの出発までの期間

行き先をヨーロッパ・ロシア方面と決めてから実際に行くまでに要した期間に関する問いに対し、「2か月程度」と答える渡航者が22.6%と最も多く、さらに「6か月以上」という回答も11.6%存在していました。この方面に旅行する人は、準備に時間をかける傾向が強いようです。ユーロ安やロンドンオリンピックなど、ヨーロッパに注目が集まっている今、ユーザー特性に合わせた広告出稿がポイントになるといえるでしょう。

>> 調査結果・考察の詳細を知りたい方は、【ダウンロード資料】([渡航地域によって異なるインターネット検索の特徴~海外旅行者の動向を探る」後編)をご覧ください。

・ 渡航時期・検索目的には地域差がある
・ 基本情報である「現地の食事(名物)、物価、気候、風土、治安」を欲しがるのは、「ヨーロッパ、ロシア」「中南米」
・「航空会社、旅行代理店、政府などが発表している情報」を欲しがるのは、「オセアニア」「北アメリカ」

(2012/07/13 投稿者: 林)

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。