消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法が成立しました。消費税が増税されるのは17年ぶりになります。これにより、現行5%の消費税率が2014年4月に8%へ、さらに2015年10月には8%から10%へと、二段階で引き上げられることとなりました。

増税開始までいよいよ2カ月を切りました。そこで今回は、消費税増税に伴って変化が予想される消費者の意識や動向を探るべく、2013年6月に行った1回目の調査(「不動産」「自動車」「家電」にみる消費税増税前の駆け込み需要)に引き続き、全国の男女3,096人に対して行ったインターネット調査の結果を紹介します。

特に増税の影響が大きいと見られる耐久消費財から「自動車」「家電・電子機器」、そして駆け込み需要が多いと予測される「日用品」「食品・飲料」に注目し、地域や性別、年代からみた調査を行いました。この調査結果を、消費拡大の糸口としてください。

調査結果・考察の詳細を知りたい方は、【ダウンロード資料】地域・性別・年代からみた「消費税」増税による購入意向[PDF:378KB]をご覧ください。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。