総務省が2013年7月に発表した人口推計※によると、65歳以上のいわゆる「高齢者」人口は3,164万人、総人口に占める割合では24.8%と、人口、割合ともに過去最高を更新し続けています。日本人のおよそ4人に1人が「高齢者」であり、彼らシニア層は、マーケティングにおいて無視できない存在といっても過言ではありません。今回、月に1日以上インターネットを利用している全国の60歳以上の男女の中から、無作為に抽出した2,064人を対象に意識調査を実施しました。

シニア層マーケティングに必要なものとは何か。彼らのインターネット利用動向や興味対象など、性年代別のデータも交えて紹介します。

※ 総務省「人口推計(平成25年2月確定値、平成25年7月概算値)」2013年7月22日公開

調査結果・考察の詳細を知りたい方は、【ダウンロード資料】シニア層にとって重要な要素は 「わかりやすさ」と「視認性」 ~高齢者のインターネット利用に関する意識調査~[PDF:1302KB]をご覧ください。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。