かつて、パソコンをはじめとするデジタル機器の使用場所は、「屋内」そして「机の前」でした。しかし、パソコンの軽量化やスマートフォン、タブレットの普及にともない、ユーザーは机の前から解放され、今やデバイスを「いつでもどこでも好きなように」利用する時代を迎えています。加えて、「テレビで見かけた商品をスマートフォンでネット注文をする」「外出先の待ち時間にスマートフォンで検索した服を、帰宅してからパソコンで注文する」など、デバイスや既存メディア間での連携が深まりつつあることにも疑いの余地がないでしょう。

テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットのマルチスクリーン化は今後どう進んでいくのでしょうか。まずは日々の生活でのマルチスクリーンの利用実態を調査した結果を、前編・後編の2回に分けて紹介します。

調査結果・考察の詳細を知りたい方は、「【ダウンロード資料】マルチスクリーン(前編)複数のデバイスを使い分ける[PDF:925KB]」をご覧ください。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。