皆さんは、現在の日本における「インターネットの人口普及率」はどのくらいの割合かご存じですか?

答えは……79.5%(総務省「平成24年通信利用動向調査」2013年6月14日公開)、約8割にものぼります。この数値からもわかるとおり、インターネットが現代人の生活と密接な関係にあることは、もはや疑いの余地がありません。とはいえ、インターネットの利用目的については、個々人でさまざまではないでしょうか。

今回は、インターネットに接続できる端末を所有していて、月に1日以上インターネットを利用している全国の16歳以上の男女の中から、居住地域別に無作為に抽出した2,060人を対象に行った、インターネット利用動向調査の結果を紹介します。地域によって、インターネットの利用目的やインターネット検索の頻度、内容に差異はあったのでしょうか? さらに、検索した商品をインターネット上で購入する人が最も多い地域はどこだと思いますか?

インターネット利用において、地域差があるのかどうか、興味深い調査結果となっています。ぜひチェックしてみてください!

調査結果・考察の詳細を知りたい方は、【ダウンロード資料】地域別にみるインターネットの利用動向調査 2013 [PDF:531KB]をご覧ください。

(2013/8/6)

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。