2013年11月に公開した「インターネット広告を閲覧後、『検索』したことがある人の割合は?」でお伝えしたとおり、インターネットユーザーは広告に対してさまざまな印象を持っています。また、皆さんご存じのように、スマートフォンの所有率は年々上昇しています。スマートフォンにおける広告対策は「喫緊の課題」といっても過言ではありません。

そこで今回、全国3,100人の男女を対象に、「スマートフォン広告に対する許容度」を聞いてみました。

許容度とは、どこまで許せるか、どの程度受け入れることができるかの度合いです。インターネットユーザーの興味を引く広告は何か、また探究心を満たす広告はどのようなものかを考えたうえで、「インターネットユーザーに受け入れられる広告」を届けることが、「企業イメージ」アップにつながります。今回実施した調査や、過去に紹介したマーケットトレンドスマートフォン関連の業界情報などを参考に、積極的な広告展開を試してみてください!

調査結果・考察の詳細を知りたい方は、【ダウンロード資料】スマートフォン広告の出稿において知っておくべきことをご覧ください。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。