インターネットユーザーの目線に立った広告出稿を

これから春先にかけての大イベントといえば、バレンタインやホワイトデー。インターネットユーザーの目線に立った広告を出稿することが成功への近道です。2月のインターネットユーザーの動きと広告運用のヒントを見てみましょう。

主婦A子さん(42歳)食べることが大好きな主婦。3月に旦那さんの転勤による引っ越しを予定している。小学生の子供が2人の4人家族。 学生C子さん(22歳)ファションが大好きな学生。彼氏のB夫さんと初のバレンタインを迎えることになり、ソワソワしている。

2月の注目キーワードから

1月後半から2月にかけては、大きなイベント、特に「バレンタインデー」に関連する検索が増加します。

近年は「本命チョコ」「義理チョコ」だけでなく、同性の友人に贈る「友チョコ」や自分自身に贈る「ご褒美チョコ」、立場上贈らざるを得ない「義務チョコ」など、贈り物のチョコレートの種類も多様化し、イベントそのものをより楽しもうとする様子がうかがえます 。

バレンタインに贈られるのはチョコレートだけではありません。2014年の調査では半数の人がチョコレート以外の贈り物をすると回答しています。特に学生はプレゼントに関する情報を「スマートフォンのインターネット」から収集するなど、バレンタインデーの販促にはさまざまな商材にたくさんのチャンスがありそうです。

「探す」ユーザーに「提案」

バレンタインの贈り物を探すA子 広告でバレンタイン煎餅を発見する

チョコレート以外の贈り物を探すユーザーに対して「こんな商品もありますよ」「こんな使い方はいかがですか?」と提案することもできます。

例えば、スポンサードサーチのキーワードでビッグワードを中心に運用し多くの人の目に触れさせ、広告文で他社と差別化を図ったり、独自の提案をするのもテクニックのひとつです。

また、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)で、画像を使ったディスプレイ広告を利用すると、視覚的にもニーズを誘発する効果があります。

新規顧客の獲得にはTwitterプロモ商品が最適!

若年層に人気のTwitter。
「チョコ」や「バレンタイン」という言葉をつぶやいているTwitterユーザーのタイムラインにバレンタインに関連する販促イベントや関連商品の広告を掲載してみてはいかがですか?イベントをひとつのフックにしてフォロワーを増やし、継続した販促を行う手立てにも使えます。

「プレイスメントターゲティング」で広告配信先を選択する

C子さん チョコのレシピをPCで探す

チョコレートを手作りする人の大多数がレシピサイトを参考にしています。「プレイスメントターゲティング」では、広告の配信先を選択できるので、レシピサイトを訪問するユーザーにチョコレートの材料や調理器具、バレンタインの贈り物を提案する広告を掲載すると、新規顧客の獲得に一役買うかもしれません。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。