Twitterの動画広告とは?

Twitterのタイムライン上に広告を配信できるのがTwitter広告です。
テキストのみや画像での広告も配信できますが、動画を配信するのがTwitter動画広告です。

図:Twitter動画広告イメージ

Twitterの動画広告ならではの魅力

動画広告はテキスト広告やバナー広告に比べて、情報伝達量が圧倒的に多い!

1分間の動画には、平均約1,800,000語に相当する情報量があるといわれています。
テキスト広告やバナー広告では伝えきれないところまで伝えられる点が魅力です。

Twitterでは画像広告よりも動画広告のほうが拡散されやすい!

Twitter広告はユーザーの意思によってリツイートされ、その結果広告の配信対象以外にもアプローチできる点が大きなメリットです。動画広告はインターネット上のユーザーの気持ちを動かす効果が高く、リツイートによる拡散をおおいに期待できます。なお、リツイートされた動画の視聴は課金対象外のため、ユーザーに対して効率的にリーチできます。

ターゲットと利用例

1.ターゲット

Twitterといえば若者向きのSNSと考えられがちですが、実はユーザーの約半数が30代以上です。
職業別で見ると、学生よりも会社員・公務員が多いことがわかります。

2.おすすめの利用例は?

Twitter動画広告はさまざまな目的、業界で利用できます。あくまで一例ですがおすすめの利用例を紹介しますので、ご参考にしてください。

その場の雰囲気を伝えることで売り上げ(来店など)につながりやすい場合

飲食店やホテル、美容院、サロンなど、「その場の雰囲気」をユーザーが決め手としている業界であれば
テキストやバナーよりも動画のほうが伝わりやすいのでおすすめです。

ストーリーを伝えることで商品の良さが伝わる場合

商品の歴史や商品の誕生した背景を伝えることでユーザーの心を掴めるような商品の場合は、テキスト情報で伝えるよりも動画で伝えたほうが記憶に残りやすいのでおすすめです。

【ポイント】動画なんて作れない…と思っている方へ

動画制作が難しいと感じている場合は、静止画像をつなげた動画(スライドショー)にするか、スマートフォンで撮影した動画を使用することをおすすめします。CMのような凝った動画にしなくても、商品、サービスの魅力が伝われば十分効果につながります。

課金体系

Twitterの動画広告はユーザーが動画を視聴した場合にのみ課金されます。動画広告が100%表示された状態で3秒間視聴されると1視聴とカウントされ、課金対象となります。また、リツイートされた動画広告を視聴した場合は課金対象外です。

その他、具体的な設定方法などについては下記からご確認ください。

設定方法

設定方法は下記からご確認できます。
動画広告を開始する。(ヘルプ)

動画の仕様とアップロード方法>

ご用意いただく動画の仕様とアップロード方法は下記からご確認できます。
動画の仕様とアップロード方法(ヘルプ)

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。