株式会社トラベルオンラインは、国内航空券を中心に数多くの旅行商品をオンラインで予約できるサイト「格安航空券エアータウン 」を運営しています。

サイトの最大の特徴は、各航空会社の国内航空券を一括で価格比較できることです。

このたび、航空券予約アプリをリリースされる際のプロモーション手段としてTwitter広告に出稿されました。本日は同社の石川拓也氏にTwitter広告の運用の秘訣をおききしました。

【活用事例概要】

効果 アプリ経由の1日あたりの売り上げが300%~500%アップ!
ポイント 実際の価格をクリエイティブで訴求することで、売り上げアップにつながりました。
広告内容 @TravelOnline_JP

※ツイート内容は掲載当時のものです
運用形態 自社

アプリ経由の1日あたりの売り上げが300%~500%アップ!

御社のビジネス概要についてお聞かせください。またマーケティング課題は何ですか?

弊社は旅行サイトの運営を通じて、国内航空券を主として数多くの旅行商品を提供しています。「格安航空券エアータウン」の最大の特徴は、各航空会社の国内航空券を一括で価格比較できることです。LCCなどの参入により航空会社が増加していますが、主要会社の路線をほぼカバーしていることが強みです。

主に広告で集客しており、おかげさまで顧客獲得は好調ですが、リピート率の伸び悩みが課題でした。そこで、使い勝手の良いアプリをリリースし、ファンを増やして売り上げの拡大につなげたいと考えていました。

取り扱いサービス:格安航空券 価格比較サイト「エアータウン」 取り扱いサービス:格安航空券 価格比較サイト「エアータウン」

なぜTwitter広告を導入しようと思いましたか?

TwitterやFacebookなどの大手SNSを使った集客施策はこれまで何度かチャレンジしてきましたが、なかなか直接的な効果につながらず、なかば諦めておりました。

ところが、Yahoo!プロモーション広告の担当の方に「Twitter広告で新しくアプリに特化した広告がリリースされ、アプリの利用促進につながる」と提案いただいて導入を決めました。

スマートフォンユーザーが多い「Twitter」でアプリを告知しよう!

導入の成果はいかがでしたか?

アプリのリリース当初は思うようにダウンロード数も増えず、アプリ経由の売り上げが伸び悩んでおりました。しかしTwitter広告での訴求を開始すると、導入開始前と比較して、アプリのダウンロード率が約300%アップ、アプリ経由の1日あたりの売り上げが300%~500%アップしました!

反応が良かった広告はどういったものでしたか?

実際の航空券の価格を訴求したクリエイティブの広告は特に反応が良く、売り上げにつながりました。

また、顔文字を利用し、コミカルな表現をしたプロモツイートも意外に評判が良かったですね。

広告ではない通常のツイートの工夫や反応はいかがですか?

通常のツイートでは、フォロワーの方との交流を深めることに注力し、あまり営業感を出さずに、国内各地のイベント情報などの有益情報を中心にツイートしています。

Twitter広告を今後、どのように活用していきたいですか?

引き続き積極的に活用していきたいと考えています。特に、期間限定割引などのキャンペーンを行う際、告知として活用していきたいです。

動画で確認

動画でもご紹介しています。(54秒)

*本動画は28秒までが株式会社リブセンス様、29秒~54秒までは株式会社トラベルオンライン様の事例です。
*本動画は2015年10月の情報をもとに構成しています。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。