アプリのインストール数増加を目的に、Twitter広告を開始

イソップ物語やグリム童話、日本昔ばなしなどの名作童話や懐かしの童謡を、現代風のアレンジで楽しむことができる、子供のための童謡童話のタブレット・スマホアプリ「えほんであそぼ!じゃじゃじゃじゃん」。運営会社のフォーリー株式会社は、アプリのインストール数増加を目的に、Twitter広告を開始しました。本日は、同社の代表取締役社長、白田和稔氏にTwitter広告の活用方法についてお聞きしました。

【活用事例概要】

効果 エンゲージメント率が1%超
成功のポイント 1. 自社の強みをツイート文でうまくアピール
2. ユーザーのプロフィールやツイートをチェックしキーワードを設定
3. アクション喚起するツイート文
運用形態 自社
広告内容 @jajajajan_forii
forii Tweet
※ツイート内容は掲載当時のものです

ターゲット層のプロフィールやツイートをもとに、キーワードを約80個ピックアップ

御社のビジネス概要についてお聞かせください。またマーケティング課題は何ですか?

これからの社会で強く、自由に、しなやかに生きていけるような「人間力」のある子供に育ってほしいという理念から子供向け知育サービスの開発・運営を行っています。現在は、世界135の国と地域へ童謡童話アプリ「えほんであそぼ!じゃじゃじゃじゃん」の配信を行っており、iOSアプリ「子ども向け」カテゴリーでは8カ国で無料アプリ1位、10カ国でトップセールス1位を獲得しました。今後は海外展開を積極的に進めるため、各言語でのローカライズと、海外ユーザーの獲得を課題としています。

アプリ「えほんであそぼ!じゃじゃじゃじゃん」 のトップ画面

なぜTwitter広告の導入に至ったのですか?

他のSNS動画広告を活用しており、国・属性・ターゲットを含めて効果が高かったものの、SNSの嗜好性の異なるTwitterユーザー層にはアプローチできていませんでした。弊社サービスについてTwitterで調べてみると、話題にしてくれている方が複数いらしたことや、競合他社の子供向けサービスのアカウントがいくつか盛り上がっていたことから導入に至りました。

導入の成果はいかがでしたか?

テストマーケティングとして、手始めにiOSとAndroid OSのユーザーに向けて3~4日間、Twitter広告を配信しました。かんたんに作成したプロモツイートでエンゲージメント率が1%を超えていたので、クリエイティブや訴求内容、ターゲット層の精査により、さらに効果が見込めると考えています。
今後はコンバージョン(インストール数)まで追っていく予定なので実績データと照合しながら、うまく活用していきたいと考えています。

反応がよかった広告はどういうものでしたか? また、 ターゲティングはどのような 工夫をしていますか?

「童謡も童話もこれ1本で」と自社の強みを簡潔に提示した広告です。また「50作品見られる」というお得感を出すことで、よりアクション喚起につなげることができました。
ターゲティングは、ターゲット層がプロフィールやツイートに掲載している内容を吟味し、子供の年齢・父母・子育てに関するキーワードを約80個ピックアップしています。

ターゲティングで「Twitter広告」を極める!

広告ではない通常のツイートの工夫や反応はいかがですか?

基本的には新作発売時やイベント、キャンペーンにあわせてツイートしています。最近はTwitter上でのユーザーの反響や、フォローしている育児情報のツイートが役立ちそうであればリツイートしています。

『グーチョキパーでなにつくろう』発売時のオーガニックツイート

Twitter広告を今後、どのように活用していきたいですか?

フォロワー数が多い子育て系のアカウントをもとに類似ユーザーに配信する方法が高いエンゲージメントにつながったので、今後もこのターゲティングは活用していきたいです。

普段活用されている広告の中で、Twitter広告はどのような位置づけにしていますか?

CPI(Cost Per Install:コスト・パー・インストール)重視で、全世界のユーザーにターゲティング・訴求できるメディアを選定しています。
まだまだ同業種の知育系の広告出稿は少なく、自社の知見が大事だと考えています。従って、自社で運用ができる広告管理ツールのあるTwitterを今後も活用していく予定です。また、スポンサードサーチやYDNは今後検討したいと思っていますが、知育系のサービスはクチコミによる情報への信頼度が高いので、引き続き、SNS中心に運用を行っていきたいと思います。

キャラクターのイラスト作成模様

(当記事は2015年8月時点の情報をもとに構成しています)

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。