広告表示回数が少ないときに確認すること

1. 掲載停止になっていませんか?

広告の表示回数がある日突然ゼロになっていませんか?

その場合は、そもそも広告が掲載されていない可能性があります。広告が掲載されていない場合に考えられる理由と対処方法は下記にまとめていますのでご確認ください。

2. マッチタイプを「完全一致」「フレーズ一致」ばかりにしていませんか?

キーワードを作成する際に、「マッチタイプ」は設定しましたか?

「マッチタイプ」とは登録したキーワードと近い語句やフレーズで検索された際に、どれだけ幅広く広告を表示するかを決めるための設定です。

設定は3種類あり、「完全一致」「部分一致」「フレーズ一致」から選択できます。3つの設定を使って、できるターゲティングの絞り方は4つあり、それぞれ下記の通りです。上から下に向かって順番に広告の表示機会が多くなります。

広告の表示回数が少ない場合、あなたは完全一致かフレーズ一致ばかりを設定していませんか?そのような場合は、部分一致か絞り込み部分一致のどちらかにしましょう。

部分一致ばかりにすると関連のないキーワードでも広告が表示される場合があるので、その場合は対象外キーワードを設定しましょう。

3. ターゲットを絞り過ぎていませんか?

「費用対効果の良い広告を出すためには」ではターゲットを絞り込むことで、無駄なクリックを減らして費用対効果が良くなるとご紹介しましたが、ターゲットを絞り過ぎると広告の表示回数も減ってしまいます。

広告の表示回数が少ない場合は、ターゲットの絞り込みを少し緩めることをおすすめします。 設定方法はこちら

まとめ

広告の表示回数が少ない場合は下記3つを確認する。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。