クリック率だけでなく、コンバージョン率を上げる方法のひとつに、「ターゲティング設定」があります。これは、クリックやコンバージョンといった行動に至りやすい人だけに広告を配信する方法です。

ターゲティング設定の種類は、以下の3つです。

1. 地域ターゲティング

地域ターゲティングは、都道府県単位はもちろん、「港区」や「板橋区」のように市区町村単位でも設定することが可能です。また、地域ターゲティングは指定した地域からインターネットユーザーが検索した場合だけではなく、その地域に関する語句を検索したインターネットユーザーにも広告が配信される仕組みになっています。ですので、例えば東京都のみを地域ターゲティングした場合、東京都内で検索をしたインターネットユーザーに広告が配信されるのはもちろんのこと、例えば沖縄など別の地域から「東京 ○○」というように検索した場合にも広告が表示されます。

2. デバイスターゲティング

デバイスターゲティング機能では、デバイスを設定し、当該デバイスを利用している検索ユーザーのみに広告を表示できます。PC・タブレットとスマートフォンで別の広告を出したい場合にご利用ください。

3. 曜日・時間帯ターゲティング<

スポンサードサーチの「曜日・時間帯ターゲティング」は、広告を表示させる曜日、時間帯を15分単位で設定できます。さらに、曜日、時間帯で入札価格調整率(引き上げ/引き下げ)を変更できるので、広告主様のサービスや商材に合わせて一番コンバージョンしやすいゴールデンタイムを狙って広告効果を高めましょう。

例:BtoBサービスを取り扱う会社

  • 曜日:月曜日から金曜日
  • 時間:9:00 - 18:00

オフィス時間の入札価格調整率を高めに設定

例:BtoCサービスを取り扱う会社

  • 曜日:祝日、休日
  • 時間:18:00以降

夜の時間や週末の入札価格調整率を高めに設定

「ターゲティング設定」は、サービスエリアが限定されているサービスや、夕方から深夜にかけてコンバージョンしやすい商品など、あらかじめコンバージョン率が高くなるタイミングがわかっている場合は、適切な検索ユーザーに適切な訴求タイミングで広告配信が可能になり、まさに特定のインターネットユーザーに限定して表示される広告です。

まずはそれぞれのレポートでコンバージョン率をチェックし、ターゲティングを設定しましょう。

1. 広告管理ツールにログインします。

広告管理ツールへログイン

2. 「スポンサードサーチ」タブ、「キャンペーン管理」タブ、[キャンペーン]の順にクリック

3. ターゲティングを設定するキャンペーンを選択

4. 「キャンペーン設定情報」をクリック

5. ターゲティング設定の右に表示された「編集」をクリック

6. ターゲティング設定を変更し、[編集内容を保存]ボタンを押す

「クイックリンクオプションでダイレクトに誘導」へ続く

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。