オンラインビジネスにとって最も大切なのは、広告のクリック数を得ることではなく、成約(コンバージョン)を獲得することです。広告がある程度クリックされるようになってきたら、いよいよ広告の本来の目的であるコンバージョン率を上げる方法について考えてみましょう。

では、広告が配信されてからコンバージョンに至るまでには、どんな流れがあるのか再確認しておきましょう。

広告を配信すると、多くのインターネットユーザーに広告が表示されます。インターネットユーザーはその中で、興味を引いた広告をクリックし、あなたのウェブサイトに訪れます。さらに、ランディングページで商品・サービスの良さや強みを感じると、そのまま商品購入や申し込みを行い、成約(コンバージョン)につながります。

広告運用を進めるうえで重要な指標と、インターネットユーザーの行動は結びつきましたか?
では、実際にコンバージョン率を改善するためには、何を目指してどの指標を改善していけば良いのでしょうか。

図で示した流れを整理すると、「広告がクリックされるまで」「広告がクリックされた後」の大きく2つに分けることができます。まずは広告管理ツールで確認が可能な「広告の表示回数(インプレッション)」や、「クリック数」に直接関係してくる、「広告がクリックされるまで」に着目し、クリックを獲得することを目標にしましょう。

次のページから順番にご紹介していきます。

「「キーワードの自動挿入」機能を使ってニーズをキャッチ」へ続く

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。