広告主様の中には、「広告は表示されているのにクリック率が上がらない」、また「そもそも、どんな広告文にすればよいのか分からない」など、広告文の作成にお悩みの方も少なくないでしょう。

クリックされる広告文を作るには、ちょっとしたコツがあります。
今回は、その4つのコツをご紹介します。ぜひ、お試しください。

クリックされる広告文は、ココが違う!

広告の目的は、インターネットウェブサイトに訪問してもらうことです。つまり、表示された広告はクリックされなければ、目的を達成できません。そこで、広告がクリックされるために重要なカギとなるのが、効果的なタイトルと説明文です。今回は、旅行代理店がフランス旅行を訴求する場合を例に説明しましょう。

1. サービス、商材の特長を表現する言葉

まずは、商材の特長や訴求したいポイントを書き出します。広告からリンクさせるウェブページを見ながら考えるといいでしょう。

  • 期間限定で、パリ7日間のツアーが10万円から
  • 8、9月出発のツアーを4月までに申し込むと割引あり
  • 先着50組に、無料でホテルアップグレードができる特典あり

2. 選んだキーワードとの関連性が高いワードを広告文に入れる

書き出した訴求ポイントを元にしてタイトルと説明文を考えていきます。その際に、同じ広告グループに登録する予定のキーワードと関連性が高くなるような内容にします。例えば、1.で書き出した訴求ポイントと関連性が高いキーワードは、以下のようなキーワードです。

  • パリ 旅行
  • フランス ツアー
  • フランス旅行

3. タイトルや説明文にキーワードを挿入

2.で選び出したキーワードをタイトルや説明文に盛り込みます。検索したキーワードと同じ言葉がタイトルや説明文に入っていると、インターネットユーザーの目にとどまりやすく、効果的です。

4. 複数パターンの広告を作成して登録

広告は1つの広告グループに複数登録しましょう。

スポンサードサーチには、広告グループ内に広告を複数登録した際に、システムが自動的にパフォーマンス(効果)の高い広告を高頻度で表示する「広告の最適化」機能があります。クリックされやすい広告をインターネットユーザーにジャッジしてもらうのが一番の近道です。


パリ格安ツアーなら○×旅行
パリ7日間10万円から!4月申し込みでさらに割引。ご予約はお早めに
www.example.jp/

限定!パリ7日間10万円
人気のフランス旅行がお得。今なら先着50組に特典あり。○×旅行
www.example.jp/

もちろん、これはあくまで一例です。季節や訴求対象のニーズによっても、サービスの特徴を表現する言葉は異なります。自社の商材・サービスをあらためて多面的に見直して、ユーザーを引き込むような広告文を考えましょう。

広告作成にあたっての注意点

Yahoo!プロモーション広告では、キーワードの入札やタイトル・説明文の作成についてガイドラインを設けています。入札できないキーワードや、タイトル・説明文に使用できない表現や記号などがありますので、注意しながら、効果的なキーワード、タイトル・説明文を作成していきましょう。また、登録したキーワード・広告・ウェブサイトには所定の審査が行われます。

※広告掲載ガイドラインは以下をご確認ください。

広告掲載ガイドライン
※使用可能な記号の一覧は以下をご確認ください。

使用可能な記号種別(PC・スマートフォン・タブレット)
※審査についての詳細は以下をご確認ください。

ご注意

一度作成した広告を変更したい場合には、新規作成が必要です。コピー機能を利用して、新たに広告作成を行ってください。また、不要な広告は削除しましょう。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。