スポンサードサーチのキーワード選びには2つのポイントがあります。

  1. 1.類義語・表記違いを探す
  2. 2.組み合わせる単語を探す

まずはインターネットユーザーに特にアピールしたい「商品」や「サービス」から、軸となるキーワードを決めます。ここでは仮に「靴」とします。あとは、ポイントに沿って複数のキーワードを考えていきましょう。

1. 類義語・表記違いを探す

「靴」の表現違いは、「シューズ」「履物」などでしょう。「ハイヒール」「スニーカー」など、自社で取り扱っている商品名を挙げていくのもよい方法です。

2. 組み合わせる単語を探す

登録するキーワードは複数の単語を組み合わせて作成できます。以下の表にあるように、組み合わせる単語のパーツを用意して考えると、キーワードのバリエーションを増やすことができます。

例) 組み合わせるパーツ
対象「メンズ」「レディース」「子供」など
価格「格安」「送料無料」など
購買「通販」「買う」など
用途「アウトドア」「通勤」「通学」など
ブランド名自社で取り扱っているブランドの名前など

「メンズ スニーカー」「格安 シューズ」「通販 靴」など単語を組み合わせたキーワードが完成します。このほかに、「人気」「おしゃれ」など修飾語を組み合わせて検討していきましょう。

なお、キーワードの語数が多くなると広告が掲載されにくくなります。組み合わせる単語は2語までを目安にしましょう。また、さらにキーワード選びに迷う場合は、キーワードアドバイスツールを活用しましょう。

ご注意

キーワードと広告はセットで審査が行われます。キーワードもしくは広告だけが入稿された状態の場合、審査は保留になります。審査保留7日後には、メールや広告管理ツールでお知らせしますが、該当広告グループにキーワードと広告の両方が登録されるように入稿してください。入稿が行われず、さらに一定期間経過すると保留されていたキーワードや広告は掲載不可になりますのでご注意ください。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。