Yahoo! JAPANの検索結果で、今検索しているインターネットユーザーにリアルタイムでアプローチできる「スポンサードサーチ」。その特徴やおさえておきたいポイントを、レベル別に1ページにまとめました。

Yahoo! JAPANの検索結果で、今検索しているインターネットユーザーにリアルタイムでアプローチできる「スポンサードサーチ」。その特徴やおさえておきたいポイントを、レベル別に1ページにまとめました。

  1. 1.【入門編】運用のキホンを学ぶ
  2. 2.【初級編】知っておきたい! 改善のポイント
  3. 3.【活用編】他社様の事例からヒントを得ましょう

1.【入門編】運用のキホンを学ぶ

「はじめたばかりで、何から始めればよいかわからない」という広告主様。まずは、以下のページをチェックし、実践してみましょう。

【1】目標を明確にしましょう。

効果につながる広告にするためには、はじめの目標設定が肝心です。

【2】「アカウント構造」を知る

広告運用は、そのもとになるアカウントの構築から始まります。ただ作るのではなく、自社の広告掲載の目的や取扱い商材にあわせて、効果的なアカウント構造を知りましょう。

【3】キャンペーン〜広告までひと通り作成してみましょう

【4】広告運用は出来ていますか?

広告が掲載できたら、その効果をチェックして日々改善をはかりましょう。

2.【初級編】知っておきたい! 改善のポイント

「レポートをチェックし課題は見えてきたけど、どうすれば改善できるの?」という広告主様。効果につながるポイントや機能をチェックしましょう。

「インプレッションが少ない」という方

適切なキーワードは追加できていきますか?

広告の配信地域や時間帯、デバイスなどは適切でしょうか?

広告の掲載順位を決める「品質インデックス」

掲載状況にあわせて入札価格を見直しましょう

「クリック数が少ない」という方

「コンバージョン数が少ない」という方

3.【活用編】他社様の事例からヒントを得ましょう

既にスポンサードサーチを長く運用している他社様から、成功につながるヒントを得ましょう!

活用事例「スポンサードサーチ」

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。