サイト離脱者への再アプローチ

インターネットユーザーは、検索や広告などから、日々さまざまなサイトに訪れています。そしてその状況は、なんとなく関心を持ったから、具体的に情報を比較検討したいから、すぐに購入したいものがあるから…などそれぞれ異なります。そのため、一度目のサイト訪問では、成約にたどりつく前に離脱してしまう場合も少なくありません 。

例えば、サイトを訪れた人の2%がその場での成約につながった場合、残りの98%は興味を持ってサイトへ訪れてきたものの、成約までは至らず 離脱してしまったことになります。その98%のユーザーに対して、広告を掲載するのが「サイトリターゲティング」です。

「サイトリターゲティング」では、一度離脱してしまったユーザーがYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の広告掲載面を閲覧しているときに、広告を表示させることができます。

そうすることで、ユーザーに以前のサイト来訪やその背景を思い出させ、再訪問を後押しすることができます。一度サイトを訪れたことがあるということは、「商品に関心が高い=見込み顧客である度合いが高い」と考えられるため、より高い広告効果が期待できます。

サイトリターゲティングの広告掲載サイクル

サイトリターゲティングの広告掲載サイクル

サイトリターゲティングの効果的な使い方

「サイトリターゲティング」は、広告主のサイトに一度でも訪れたことのあるユーザーに対して配信できる広告なので、より効果的に利用するには、サイトへの訪問者を増やし、いかに多くの見込み顧客を対象にできるかが肝心です。まずは、「スポンサードサーチ」を使ってサイトへの訪問者を確保し、「サイトリターゲティング」で再アプローチ(後押し)を行い、コンバージョンへとつなげましょう。スポンサードサーチの運用に加えてサイトリターゲティングを利用することは、コンバージョン数を増やすためには非常に有効です。

さらに、広告主が掲載条件(性別・年代・地域などの属性)を選択して広告を配信する「属性によるターゲティング」や、システムが判断したユーザーの興味・関心を元に広告を配信する「インタレストマッチ」と組み合わせて活用して、顧客候補となるターゲットを増やすことで、コンバージョンへの可能性を広げていきましょう。YDNもクリック課金型ですので、もちろんクリックされるまではコストはかかりません。

Yahoo!プロモーション広告のサービスポジショニング

Yahoo!プロモーション広告のサービスポジショニング

ターゲットリスト(類似)の活用

サイトリターゲティングでは、さまざまなリストを組み合わせた設定が可能です。「ターゲットリスト(類似)」を利用すると、実際にサイトに訪問したユーザーとインターネット上の行動が似ている、サイトにいまだ訪問していないユーザーに対して広告を配信することができます。

サイトへの訪問者が少ない場合など、このターゲットリスト(類似)を他のリストと組み合わせて活用していきましょう。

フリークエンシーキャップの利用について

フリークエンシーキャップは、「1人当たりのユーザーに広告を何回表示させるか」を設定するための機能です。ターゲティング広告の掲載をはじめた後に、フリークエンシーレポートを確認し、ふさわしい表示回数を検討してから設定しましょう。

サイトリターゲティングの始め方は、以下のリンクからご覧ください。

サイトリターゲティングを今すぐ始める
広告管理ツールへログイン

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。