インターネットユーザーのさまざまな顧客行動に合わせて広告を掲載するためには、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN) の多彩なターゲティング機能から目的に合ったものを選び、スポンサードサーチと組み合わせて運用することがポイントです。 まずはご自身の広告掲載の目的に近い例を下の3つから選んで広告掲載を開始し、効果を測りながら最適な組み合わせを見つけて行きましょう。

狙いを定めて効率よく低予算で集客したい!

スポンサードサーチ × 属性によるターゲティング

広告掲載の目的

  • 特定の性別や年齢、地域など、訴求したい対象が限定されている
  • ターゲットを絞った配信で、なるべく広告費を抑えたい
  • 特定のキーワードで検索したインターネットユーザーに、検索していないときも広告を配信したい

商品やサービスに合わせて絞り込んだ配信対象に広告を配信すれば、成約により近いインターネットユーザーだけに広告予算を使うことができます。また、インターネットユーザーは、検索したあとにさまざまなコンテンツページを閲覧する傾向があります。過去にインターネットユーザーが検索したキーワードを利用して、そのインターネットユーザーが閲覧しているコンテンツページに広告を掲載する「サーチターゲティング」や、画像を使った「ディスプレイ広告」と組み合わせることで、成約のチャンスを広げることができます。

商品やサービスをたくさんの人に知ってほしい!

スポンサードサーチ × インタレストマッチ

広告掲載の目的

  • 新しいサービス(商品)を多くの人に知らせたい
  • ウェブサイトを立ち上げたばかりで訪問者がまだまだ少ない
  • 自社の商品に興味・関心がありそうな人にアピールしたい

商品やサービスをより多くのお客様に知ってもらいたい場合、検索されるのを待っているだけでは不十分です。商品やサービスに興味がありそうなインターネットユーザーにも広告を配信することで、より多くのお客様にアピールすることができます。しかも、Yahoo!プロモーション広告はクリック課金型なので、クリックされるまでは料金はかかりません。また、広告の配信先となるインターネットユーザーは、システムが自動的に最適化してくれるので、難しい設定は必要ありません。

興味をもってくれたお客様を確実に成約につなげたい!

スポンサードサーチ × サイトリターゲティング

広告掲載の目的

  • 一度サイトを訪れた、より成約に近いインターネットユーザーに広告を配信したい
  • 複数の商品やサービスを扱っているので、リピーターを増やしたい
  • 資料請求など、ウェブサイト内で特定の行動をしたインターネットユーザーのみに広告を配信したい

一度サイトを訪れたことがあるインターネットユーザーは、「商品に関心が高い=見込み顧客である度合いが高い」と考えられます。そのため、スポンサードサーチの広告からウェブサイトを訪問した人にサイトリターゲティングで再訪問を促すと、サイト来訪やその背景を思い出させるので、成約を強く後押しすることができます。たとえば、「特定の商品を閲覧したインターネットユーザー」や「商品をカートに入れたが、購買に至らなかったインターネットユーザー」など、さまざまな条件で広告を出し分けることも可能です。

次のステップでは、クリック料金の入金方法についてご紹介します。

「Yahoo!プロモーション広告の始め方」へ続く

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。