春先の引っ越しや入学、夏のお中元や夏休み、冬にはクリスマスやバレンタインなど、季節ごとのイベントで需要が盛り上がる時期があります。これらのシーズナル商戦に合わせて広告を出稿する場合には、早めの準備が必要です。

どんなことをすればいい?

利用するキーワードの品質インデックスを意識した運用の開始

シーズナル商戦に合わせた広告は、その時期に出稿数が増え、入札価格が高くなります。広告の上位掲載を狙うには1カ月程度前から品質インデックスを意識した運用を始めることをおすすめします。品質インデックス とは、キーワードごとの品質を相対的に表す10段階の指標です。実際のクリック単価や広告の掲載順位を決定する重要な要素です。アカウント内のすべての広告のクリック率やキーワードのクリック率などが品質インデックスを決定する要素となります。

品質インデックスを上げるには、広告文の見直しや、キーワードと広告の関連性を見直すなど改善に時間を要するので、需要盛り上がりのピークに間に合うよう、早めに調整することをおすすめします。

品質インデックスを上げるには

「探す」インターネットユーザーを、「提案」で捕まえる

例えばクリスマス商戦では、クリスマスの1カ月くらい前から、プレゼントを探すインターネットユーザーの動きが活発化します。具体的なニーズを持たずにクリスマスプレゼントを探しているインターネットユーザーには「こんな商品もありますよ」「こんな使い方はいかがですか?」と提案することでニーズが顕在化していない顧客を捕らえることができます。

さらに、クイックリンクオプションを利用すれば複数の商品の提案が可能です。 また、キーワードは ビッグワードを中心に運用し多くの人の目に触れさせ、広告文で他社と差別化して、独自の提案をするのもテクニックのひとつです。

クイックリンクオプションでダイレクトに誘導

イベント直前は「まだ間に合う」「即日配送」「○日に間に合う」などの文言で駆け込み需要対策

クリスマスや母の日など日程の決まったイベントでは、差し迫ったタイミングでプレゼントを用意する、少しあせった心境のインターネットユーザーもいることでしょう。「まだ間に合う」「即日配送」など、インターネットユーザーに安心感与える文言でクリックを喚起できます。

来期への仕込みとして(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)

来シーズン対策として、サイトリターゲティング広告のターゲットリストで「訪問履歴の有効期間」を活用した今年のサイト来訪者履歴の蓄積をしておきましょう。
この仕込みを行うことで、次期商戦時、前年のサイト訪問者に対し検索行動が発生する前の早い段階からサイトリターゲティング広告によるアプローチが可能です。サイトリターゲティングでの早期刈取り、または検索行動の誘発が見込めます。

サイト訪問履歴の有効期間と蓄積について

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。