サーチターゲティングの仕組み

サーチターゲティングは、Yahoo! JAPANの各種検索機能でインターネットユーザーが検索したキーワードを利用し、ターゲティングを行う機能です。過去にあるキーワードを検索したインターネットユーザーが、別の機会にYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)が配信されるウェブページを訪れると、そのキーワードの検索履歴をもとに広告が配信されます。

サーチターゲティングの始め方

サーチターゲティングを利用するには、広告配信の対象となるキーワードを選んで「サーチキーワードリスト」を作成し、広告グループに設定します。

はじめに、広告管理ツールの「YDN」タブにアカウントが存在するかかどうかを確認してください。存在しない場合は、以下のページを参考に、YDNアカウントを作成しましょう。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の始め方

STEP1 サーチキーワードリストを作成する

サーチキーワードリストは、「サーチキーワードリスト管理」で作成します。

サーチキーワードリストとは配信対象となるキーワードをまとめたリストで、任意の広告グループに設定します。各広告グループに設定できるサーチキーワードリストは1件です。

サーチキーワードリストは、「サーチキーワード入力」または「URL入力」の2種類の方法で作成できます。

キーワードは、まずスポンサードサーチでパフォーマンスのよかったキーワードを中心に選びましょう。さらに、効果を出すには「サーチキーワードの選び方」を参考にしましょう。

STEP2 広告グループを作成し、サーチキーワードリストを設定する

キャンペーンを作成後、広告グループを作成します。広告グループ作成画面の「ターゲティング設定」の項目にある「サーチターゲティング」で「設定する」を選択し、STEP1で作成したサーチキーワードリストを選択します。

STEP3 広告を作成する

広告のタイトルや説明文は、広告グループに設定したサーチキーワードに合わせて作成します。

これで、サーチターゲティング広告の掲載準備が整いました。

掲載開始後は、パフォーマンスレポートでサーチキーワードの効果をチェックしましょう。もし、効果があまり出ていない場合は、次の記事を参考にキーワードリストを編集しましょう。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。