サーチターゲティングは、スポンサードサーチとYDNのいいとこどり

検索結果ページ以外にも、キーワードを使って広告が掲載できるのをご存じですか?

サーチターゲティングは、インターネットユーザーがYahoo! JAPANで検索したキーワードを利用し、そのインターネットユーザーがYahoo!ニュースやYahoo!知恵袋など、YDNの配信ページを訪れた際に、広告を配信するターゲティング機能です。テキスト広告はもちろん、YDNならではのディスプレイ(画像)広告を配信することができることが大きな強みです。

サーチターゲティング4つの特徴

スポンサードサーチで獲得できなかったユーザーを獲得

スポンサードサーチは検索画面に広告を表示させますが、サーチターゲティングだとインターネットユーザーがコンテンツページ(YDNの配信ページ)を閲覧しているときに広告を掲載します。

スポンサードサーチで成約に至らなかったユーザーに対して、検索以外の行動をしているときにでも再アプローチができるので、スポンサードサーチと組み合わせて見込み顧客を獲得することをおすすめします。

キーワード単位での精緻なターゲティング

インターネットユーザーが実際に「検索に利用したキーワード」をもとに絞り込むため、精緻なターゲティングでインターネットユーザーに広告を出すことができます。

さらに「何回以上検索したユーザーのみに配信」や「過去◯日以内に検索したユーザー※」など、キーワードを検索したユーザーからさらに絞り込んで配信もできるので、見込み度の高いユーザーに効率よくアプローチができるのが特徴です。

※期間の指定は「1日以内」「3日以内」「7日以内」「14日以内」「30日以内」の5つから選択できます。

「キーワード提案機能」でらくらくキーワードを選定

サーチターゲティングでは、広告の誘導先のURLを入力するだけでおすすめのキーワードを自動的に提案するので、キーワードを考える手間を軽減できます。

同一ユーザーに、デバイスの垣根を越えた広告配信

インターネットユーザーの検索履歴は、デバイスが異なる場合でも引き継がれます。そのため、PCで検索したキーワードを元に、同一インターネットユーザーのスマートフォンに広告を配信するなど、複数のデバイスを横断して継続的なアプローチが行えます。

継続的にインターネットユーザーにアプローチにするためにも、配信デバイスは「PC」「スマートフォン」「タブレット」すべてに設定することをお勧めします。 次は、「サーチターゲティングの始め方」について説明します。

サーチターゲティングをいますぐ始める
広告管理ツールへログイン

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。