目的達成に必要な指標を知る

広告の改善の前に、まずは広告掲載からサイトの目的であるコンバージョンに至るまでの流れを理解しましょう。

例えば、サイトの目的が商品販売の場合、(1)登録した広告が表示され(インプレッション)、(2)インターネットユーザーにクリックされ、(3)自社サイトで商品が購入されて(コンバージョン)、はじめて成果となります。Yahoo!プロモーション広告の利用を始めたら、常にこの3つのポイントに着目して運用をしていきましょう。

図1:コンバージョンまでのイメージ図

  1. 1.広告は何回表示されているか(インプレッション数を確認)
  2. 2.サイトに集客できているか(クリック数を確認)
  3. 3.サイトの目的である成約に至っているか(コンバージョン数を確認)

広告が表示されなければ、サイトに集客はできません。サイトに集客ができなければ、目的である成約には至りません。広告の運用とは、それぞれの段階におけるパフォーマンス状況を確認して、どこに課題があるのかを発見し、その改善策を実行していくことです。
これら3つの指標を手がかりに広告効果を確認し、広告の内容や設定を改善することが、やがて大きな成果につながります。

広告効果の確認方法

では、実際に広告の運用状況を確認してみましょう。広告管理ツールを見るといろいろな項目があるので、はじめは戸惑うかもしれませんが、広告管理ツールの中の「キャンペーン管理」タブで、以下の項目を毎日確認するように心がけましょう。

図2:「広告管理」タブ

図3: 「キャンペーン管理」タブ

指標の見方

インプレッション数:[図3-1]
意味:広告が表示された回数(表示回数が増えるほど、クリックされる確率も上がる)
改善策:広告の掲載順位が低い場合には、広告が表示されない可能性があります。キーワードの入札価格の見直しや、品質の改善に努めましょう。

クリック数:[図3-1]
意味:表示された広告がクリックされ、サイトへ集客できた回数(増えたほうがよい)
改善策:広告の表示回数が増えているのにも関わらず、クリックされていない場合には、広告文の改善に取り組んで見ましょう。

コスト:[図3-1]
意味:現在投資している広告の費用

アカウント残高:[図3-2]
意味:クリック料金として利用できる金額。
改善策:アカウント残高が十分にないと、広告が表示されず機会損失を生んでしまいます。こまめに残高をチェックし、常に5日分以上の予算が入っているようにしましょう。

機会損失を防ぐ方法

1. クレジットカードの自動入金を利用する

残高不足による意図しない機会損失を防ぐためには、クレジットカードを登録しておくと便利です。入金忘れを防ぐ自動入金に設定することはもちろん、いつでもご希望の金額を入金することも可能です。

クレジットカードによる2つの支払い方法

  • 自動入金:残高が減少した際に、あらかじめ指定した金額を自動的に引き落とす方法
  • 手動入金:任意のタイミングで、その都度金額を決めて引き落とす方法

もし、個人のクレジットカードを利用したくない、またはお手持ちのクレジットカード以外でクレジット決済をしたいという場合は、「JCB企業間決済サービス」もご利用いただけます。

2. 適正な予算について再検討する

登録キーワードや入札価格に対して予算が低い場合、広告が非表示になる時間が長くなり機会損失を生じさせてしまいます。必要に応じてキャンペーン予算を見直し、特にキーワードの入札価格を上げたときなどは、予算の増額を検討することも重要です。

※1日の予算額は目安であり、超過したことによる返金を保証するものではありません。

予算が原因で広告の表示回数を損失している場合には、キャンペーン一覧画面「1日の予算」項目に「!」マークが表示され、「インプレッション損失率(予算)」の確認ができます。「インプレッション損失率(予算)」とは、広告表示機会の総数のうち、予算が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合です。この指標を目安にしながら、予算の調整や無駄なキーワードの削除を行い、広告効果を向上させましょう。

「インプレッション損失率(予算)」をレポートによって確認したい場合は、パフォーマンスレポート作成時に、表示項目を開いて、オプション項目より選択してください。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。