年末商戦まっただ中、多忙な日々を過ごしている広告主様も多いのではないでしょうか。

しかし、あと1週間もすれば、年末年始休暇目前です。休暇中の広告出稿について、計画は立てられていますか?
     「これから考えます」
     「年末年始だからと言って、とくにやり方は変えない」
     「年末年始の広告運用はずっと控えることにしている」
という広告主様。本ページでは、過去の状況を元に、この時期の広告運用におけるヒントをお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

年末年始のユーザー動向

年末年始休暇中は、帰省・初詣・旅行・初売り……など、ユーザーはさまざまなイベントに足を運びます。
つまり、この期間は企業が休暇に入るため、PCでの検索数は減りますが、スマートフォンで情報検索をする人が圧倒的に増えるのです。よって、休暇中の広告掲載は、デバイスごとの入札価格調整率で「スマートフォン」を強化することをおすすめします。

また、広告主様のターゲットにしている顧客によって、動きが異なることもおさえておきましょう。
例えば通販サイトの場合、休暇中に実店舗がしまっていることによるアクセスの増加を期待したり、福袋の販売やセール開始によって広告掲載を強化したい時期となることも多いと思います。逆に実店舗への誘導目的で広告掲載している場合、出稿は強化せずに、広告内に「新年は1/3(火)よりスタート」といった内容を挿入する事も必要になるかもしれません 。

紙袋を持つ女性の画像

つまり、この時期の広告出稿は、自社の状況とターゲット層が求めている情報をもとに計画立てることが大切です。昨年の同時期の検索ワードをヒントに、年末年始期間ならではの訴求方法を検討してみましょう。

年末年始は少ないコストでの広告出稿を期待できるかも?

前述のとおりユーザーの活発な動きは期待できるものの、逆に年末年始休暇中は「会社が休みで広告運用できないから」などの理由で、連休中は出稿をお休みする広告主様も少数ですが、いらっしゃいます。つまり、競合他社が減るのでその分、いつもより少ないコストでの出稿を期待できるかもしれません。もちろん、やみくもに出稿するのではなく、目的にあわせた広告内容にすることを忘れないようにしましょう。

※注意※
上記はあくまでも過去の年末年始の傾向をもとにお伝えしているヒントです。通常より低コストでの出稿をお約束するものではありませんので、ご了承ください。

年明けのスタートダッシュを忘れずに

年明けに良くありがちな失敗が、
   「年末に配信OFFにしていたキャンペーンをONにするのを忘れていた」
   「残高切れで広告配信が止まってしまっているのに、気付かなかった」
といったことです。
休み明けはあいさつ回りや久しぶりの業務開始などで、これらの確認は失念しがちなところです。確認漏れによるビジネス機会の損失となってしまう事がないように、ぜひ年明けはすぐに以下をチェックしましょう!

● 残高切れを起こしていませんか?

● アカウントやキャンペーンがOFFになっていませんか?
● 掲載内容が古いままになっていませんか?

いかがでしたでしょうか? 2017年のスタートダッシュに向けて、ぜひ、早めに年末年始休暇の運用計画も立てておきましょう。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。