【長期休暇対策】広告文の確認

年末年始がお休みの場合、広告文の「即日発送」「○○実施中」などの文言は修正しましたか?

店舗はお休みなのに広告文に「即日発送OK」など事実と異なることを記載していると、お客様の信用を損ねる恐れがあります。広告文の見直しを行いましょう。

反対に、年末年始も営業している場合には、「年中無休」「年末年始も営業中」などの文言で他社との差別化を図り、この時期のコンバージョンを取り逃さないようにする手もあり!

【長期休暇対策】年末の新規入稿期日についての確認

年末年始の掲載内容に関する審査日程は確認しましたか?

掲載内容の審査について、下記日付までに弊社で受け付けたキーワードや広告は、年内に審査を実施します。お正月用の広告を検討している場合は、早めに広告を作成しましょう。

【全サービス、全デバイス共通】
2014年12月18日(木)18時 受信分まで
※上記日程以降に受け付けたキーワードや広告は、2015年1月5日(月)以降順次対応いたします。
※審査は、広告掲載開始前もしくは掲載開始後に行われ、掲載開始後の場合は審査にお申し込み後、すぐに掲載を開始します。

【長期休暇対策】スマートフォンについての確認

スマートフォン入札価格調整率を引き上げましたか?

近年スマートフォンの普及が進み、長期休暇中のスマートフォンの利用率はPCを上回ります。この時期にスマートフォン入札価格調整率を調整し、積極的にスマートフォン広告を配信すると、コンバージョン率アップの可能性が高まります。

【長期休暇対策】予算についての確認

年末年始の休暇中に残高不足にならないように、予算を確認しましたか?

1年前の同時期の成果が分かっている場合はそれを参考に今年の見込みを立てたり、あらかじめ多めに予算を入金するなど、年末年始の休暇中に残高不足で広告が表示されない機会損失を防ぎましょう。

なお、銀行振り込みは【2014年12月26日(金)15時までに】振込先銀行口座の「振込名義」欄に表示される名義(カタカナ)でご入金された場合は、年内にアカウントへ反映予定。それ以降のご入金は、2015年1月5日(月)以降、順次の反映になります。

クレジットカードをご利用の場合は、広告管理ツールで随時ご入金いただけます。

【新年に向けての対策】来年の販促計画についての確認

来年の販促計画を立てましたか?

2015年向こう3か月の販促カレンダーを確認し来年の販促スケジュールを立てましょう。

【新年に向けての対策】来年の予算計画についての確認

新年の目標設定とそれに連動した予算を見直しましたか?

新年を迎えるにあたって、改めてサイトの目的を明確にし成約(コンバージョン)を何件獲得したいかという具体的な目標を立てましょう。目標の成約(コンバージョン)数から適正な予算を算出することがポイントです。

また、コンバージョンを計測するためにコンバージョン測定タグを設定しましょう。

[動画で学ぶ!]コンバージョン測定タグの設定方法 - YouTube

【新年一発目の対策】休暇中の掲載状況の確認

休暇期間中に残高がなくなり掲載がストップしていないか年明けすぐに確認しましょう

休暇期間中に残高が無くなり掲載がストップしていた場合、広告が掲載されないままの状態が続かないように、すぐに状況を確認しましょう。

みなさん、年末年始に必要な対策チェックはばっちりでしたか?
これから年末年始対策を行う方は、インターネットユーザーの動向からみる広告運用のヒントもぜひご覧ください。

【後編】インターネットユーザーの動きから見る年末商戦広告運用のヒント

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。