ディスプレイ(画像)広告は写真やイラスト、ロゴなどの画像によって視覚的にインパクトを与え、強くメッセージを訴求できることが最大の特徴です。当然、インターネットユーザーの印象に残る広告となり、一度表示したディスプレイ広告でコンバージョン(成約)に至らない場合でも、「思い出す」効果が大きく期待できます。

この「思い出す」効果を最大限に活用し、効果を得る方法を確認しましょう。

ディスプレイ(画像)広告でワンランク上のスマートフォン向け広告

スマートフォンの小さな画面にディスプレイ広告を表示させると、PCやタブレットといった他のデバイスに表示するよりもより目立ちますので、印象に残ることは間違いありません。また、スマートフォンはいつでもどこでも利用されるので、PCやタブレットといった他のデバイスにも広告を掲載することで、同一インターネットユーザーに対して複数のデバイスによる訴求が可能になりますので、ウェブサイトへの誘導を後押しすることもあります。

でも、この目立って印象に残ることがかえってデメリットとなることも……
スマートフォン向けのディスプレイ広告を作成するポイントを確認して、他社を一歩リードしましょう。

スマートフォン向け広告のワンランク上の使い方

サイトリターゲティングの「思い出す」効果を高めるディスプレイ広告

サイトリターゲティングは、ウェブサイトに一度訪れたことがあるインターネットユーザーに、もう一度広告を配信して、ウェブサイトへの再訪問を後押しするターゲティング機能です。ディスプレイ広告を運用する際、サイトリターゲティングを活用すれば、ウェブサイトへの再訪問をより強力に後押しし、購入や申し込みといったコンバージョン(成約)に近づけることができるのです。
さっそく運用を開始して、広告効果を確認してみてください

画像を使ってサイトリターゲティング広告をもっと印象づける

組み合わせに悩んだら広告プラン診断

ディスプレイ広告と組み合わせてスポンサードサーチを運用することでさらなる効果も期待できます。組み合わせるサービスに迷ったら、「広告プラン診断」をしてみましょう。

あなたに”ピッタリ” 広告プラン診断 [Yahoo!プロモーション広告]

[YDN Lesson4]へ続く

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。