ネットショッピングするなら、あなたはスマートフォン派?それともPC派?

ネットショッピングもスマートフォンもかなり普及してきた現在。しかし、ネットショッピングをする際にはスマートフォンではなくPCで行う人がまだまだ多いようです。

以下は、「今までにスマートフォンでインターネット検索をした後、とったことがある行動」に関する調査データです。

この調査によると、今までにスマートフォンでインターネットを検索した後、そのままスマートフォンで予約、契約、購入(成約)まで至る割合は、10代、20代では50%を超えるものの、全体の平均となるとまだ38%しかありません。

今までにスマートフォンでインタネット検索をした後、とったことがある行動

※データの詳細は、「年代による違いに注目!インターネットの利用目的」をご覧ください。

そのままスマートフォンで予約、契約、購入しない(成約まで至らない)理由として、こんなことが挙げられます。

スマートフォンで成約まで至らない理由

  1. 1.商品が探しにくい / 比較が難しい
  2. 2.画像が見づらい
  3. 3.情報が少ない
  4. 4.個人情報、カード情報などセキュリティが不安
  5. 5.購入方法がわかりにくい

あなたのスマートフォンECサイトは大丈夫? 今すぐチェックすべき5項目

1.必要な情報が1ページで確認可能かどうか(ページ遷移が少ない)

スマートフォンは、いつどこでインターネットに接続しているかわかりません。移動中など通信環境が不安定なことも考えられます。ページ遷移が多いと、途中でページが表示されなくなり、離脱につながることがあります。

スマートフォンサイトでは、ページ遷移をさせることなく、必要なコンテンツを提供することが重要です。

2.商品画像をモーダルウィンドウで表示しているか(ページは不要)

商品画像をクリックすると、別ページに遷移するケースをよく見かけます。この場合、拡大させた商品画像を見終え元の商品ページに戻る際、ページ閲覧者がブラウザー戻るボタンで戻る操作をしてくれれば問題ありません。しかし誤って「ページを閉じる」操作をされてしまうと、元の商品ページに戻れず、ページ離脱の大きな要因になってしまいます。

商品画像をクリックすると別ページに遷移せずに、モーダルウィンドウ(操作が完了するまで親ウィンドウへの操作を受け付けなくさせるタイプのウィンドウ)で表示されるような見せ方が望ましいです。

3.PCサイトとスマートフォンサイトのコンテンツ(情報)量は、同じになっているか

スマートフォンサイトは、PCサイトよりも表示面積が少ないからといって、コンテンツ(情報)量を絞ってもよいのでしょうか?

最近では、スマートフォンやPC、タブレットなど複数のデバイスをまたぐECサイトの利用が増加しています。PCの後に、スマートフォンでECサイトを見た場合、もし、スマートフォンのコンテンツ(情報)量が少ないと、そこで不安を感じスマートフォンサイトからの離脱やスマートフォンユーザーの不満につながる原因となります。スマートフォンで表示するサイトにもPCと同じコンテンツ量が必要です。

4.安心の認証マークをスマートフォンサイトにも掲載しているか

忘れてしまいがちなのが、認証マークの掲載です。PCサイトでは掲載しているのに、スマートフォンサイトでは掲載していないケースがみられます。スマートフォンサイトこそ、認証マークは必要です。

個人情報取り扱いマークや、SSLサーバーの証明マーク、また通販 / Eコマース専用の認証マークなどPCサイト掲載しているマークは、必ずスマートフォンサイトにも掲載しましょう。安心・安全なスマートフォンサイトであることを積極的にアピールすることで、スマートフォンユーザーに与える印象は大きく変わります。

5.購入に必要な情報が全て記載されているか

インターネットユーザーは、ECサイトで購入する時、以下ような情報を気にする傾向があります。

  • 事業者情報の記載
  • 支払い方法の確認
  • 配送方法やキャンセルポリシーの記載

PCサイトでは当たり前に記載されている内容が、スマートフォンサイトだとどうしても情報を削りがちになってしまいます。インターネットユーザーが安心して利用できるようにするためにも、必ず全て記載しましょう。

みなさん、スマートフォンサイトのチェックはできましたか?
スマートフォンからの成約数を伸ばすには、スマートフォン向け広告 × スマートフォン最適化が重要です。

スポンサードサーチのスマートフォン向け広告
スポンサードサーチでは、インターネットユーザーが検索を行う「デバイス」「曜日・時間帯」「地域」ごとに、入札価格の増減率を調整することができます。
「入札価格の調整方法」について、もっと見る

デバイスターゲティングでデバイス別の広告を(YDN)
YDNのターゲティングは、デバイス別に設定できます。想定される利用シーンに合わせて広告を作成しましょう。
「デバイスの指定」について、もっと見る

同一ユーザーに、デバイスの垣根を越えた広告配信(サーチターゲティング)
サーチターゲティングなら、PCで検索したキーワードを元に、同一インターネットユーザーのスマートフォンに広告を配信するなど、複数のデバイスを横断して継続的なアプローチが行えます。
「サーチターゲティング」について、もっと見る

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。