2013年9月に厚生労働省が「医療広告ガイドライン」を更新したことから、医療機関の広告入稿の際に審査で掲載不可となるケースが見受けられます。そこで審査の対策として、特に多く見られる掲載不可の例とその理由を取り上げ、全3回に分けてご紹介します。

1回目は、「広告できる事項(全13項目)」および、掲載不可となる例の「著名人の治療実績」「治療前後のイラスト・写真」「患者の体験談」「テレビ番組で紹介された治療や生活改善法の情報などの引用」「費用強調」について説明しましたが、理解を深めることができましたか?

<医療機関広告>ガイドラインに抵触しない広告表現とは①

2回目の今回取り上げるのは、下記の7項目です。

広告できない事項・禁止される広告

虚偽広告

絶対安全

禁止される広告

比較広告

日本有数の実績

県内一の医師数

誇大広告

知事の許可

客観的事実であると証明できない内容

理想的な医療提供環境

比較的安全な手術

「審査に通るか不安…」
「審査に落ちたけど、どう修正していいのか分からない」

そんなお悩みをお持ちならまずこの資料をチェックし、スムーズな審査通過と広告掲載のためにご活用ください。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。