コンバージョン率向上のためのチェックポイント

クリックされた広告から、より多くの成果につながるように、コンバージョン率を上げる方法についてご紹介します。まずは以下の3点を見直してみましょう。

  1. 1.対象外キーワード
  2. 2.ターゲティング設定
  3. 3.リンク先ページ

1. 対象外キーワード

対象外キーワードとは、自社のサイトの内容や商品と関係のない特定の検索に対して、広告を表示させないように登録するキーワードのことです。

キーワードのマッチタイプを、部分一致やフレーズ一致に設定している場合、広い範囲の検索クエリーに対して広告を表示するため、無駄なクリックが発生する可能性があります。しかし、コンバージョン率の低い検索クエリーを対象外キーワードとして追加すると、必要のないクリックが減り、本当に自社の商材やサービスを探している検索クエリーに対し広告を表示できる確率が高くなるので、結果的にコンバージョン率を上げることができます。詳細は、[運用参考書]対象外キーワードを設定してコンバージョン率を上げるをご確認ください。

2. ターゲティング設定

商材やサービスに合わせて適切にターゲティング設定すると、自社の対象としているインターネットユーザーに広告を表示できる確率が高くなるため、コンバージョン率が上がる場合があります。ただし、ターゲットを絞り込みすぎると、インプレッションが減少する場合があるのでご注意ください。ターゲティング設定には、以下の3つがあります。

  • 地域ターゲティング
  • デバイスターゲティング
  • 曜日・時間帯ターゲティング

それぞれのターゲティング設定のメリットと、見直しのポイントは下記をご覧ください。

[運用参考書]ターゲティングを見直してコンバージョン率を上げる

3. リンク先ページ

広告から誘導するリンク先ページは、きちんと広告と関連性があるページを設定していますか? せっかく広告がクリックされてサイトに集客できても、広告の内容とリンク先ページのコンテンツが関連していないと、離脱を招いてしまいます。インターネットユーザーが探しているもの、すなわち広告で訴求した商品/サービスが、リンク先のページ内ですぐに見つかるか、もう一度確認しましょう。

また、デバイスごとのページの最適化も必要です。特に、PC用のサイトをそのままスマートフォンで見せる場合、文字や図などが小さく表示されて操作がしずらいため、コンバージョンにつなげることが難しくなります。配信先デバイスにスマートフォンを設定している場合は、小さな画面でも見やすく、リンクボタンの押しやすい、スマートフォン用に最適化されたサイトを用意しましょう。

スマートフォン最適化

「スマートフォン最適化対応済みサイト例」と「スマートフォン最適化未対応サイト例」

さらに売り上げを伸ばしたい方は

以上で、「スポンサードサーチ」の運用の基本については終了です。運用の基礎は身につきましたか? わからなくなったら何度も見直して、少しずつ運用の改善を続けていきましょう。

また、さらに売り上げを伸ばしたい方は、コンテンツページに広告を表示する「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」の記事を参照して、ご自身の状況に適した運用方法を実践してみてください。

「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」の記事はこちらから

「サイトリターゲティング」と「スポンサードサーチ」を併用してコンバージョン数を増やす

「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」に関する記事では、「サイトリターゲティング」についてもご紹介しています。
「サイトリターゲティング」を利用すると、「スポンサードサーチ」を使ってサイトへ訪問してくれたものの、成約までは至らず離脱してしまった見込み客に対して、再アプローチが可能となります。
スポンサードサーチの運用に加えてサイトリターゲティングを利用することは、コンバージョン数を増やすためには非常に有効です。

サイトリターゲティングの始め方や詳細は以下よりご確認ください。
YDN「サイトリターゲティング」について

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。