Twitter広告のコンバージョン測定タグの設定が完了したら、実際にコンバージョンを確認してみましょう。

Twitter広告には、拡散による「認知」や「興味喚起」などの効果と、ウェブサイトへの誘導/コンバージョンやフォロワーの「獲得」を行うことができる、という両面のメリットがあります。そのため、キャンペーンの目的にあわせて、コンバージョンの指標のみで広告効果を判断するのではなく、リツイートやフォローなどのエンゲージメント指標とあわせて効果を測定するようにしましょう。

エンゲージメントに関するパフォーマンスの確認方法は、以下のリンクをご覧ください。
Twitterプロモ商品の効果を確認しよう! 広告管理ツールの見方

まだ、Twitter広告のコンバージョン測定タグの設定が完了されていない方は、以下のページを参考に設定しましょう。
【徹底解説】初心者でも安心設定(1) Twitterプロモ商品のコンバージョン測定の設定方法

Twitter広告のコンバージョン数を確認する

コンバージョン測定データは、「キャンペーン管理」タブで確認が可能です。

キャンペーン単位でのデータのほかに、キャンペーン詳細画面から「表示内容選択」を切り替えることでツイート設定やターゲティング設定単位でのデータも確認できます。

キャンペーン単位でコンバージョン数を確認

1.広告管理ツールの「Twitterプロモ商品」タブをクリック

2.「キャンペーン管理」タブをクリックし、キャンペーン一覧画面を表示

3.[表示]ボタンより「ウェブコンバージョン」を選択

4.コンバージョンに関する必要な項目が一覧に表示されます。
コンバージョン測定のタグの新規設定画面で選択した「コンバージョン測定の目的」ごとにコンバージョン数が表示されます。

※下記は、全て広告をクリックしてサイトに訪問したユーザーのみの実績です

項目名 説明
ウェブコンバージョン数(サイト訪問) コンバージョン測定の目的で「サイト訪問」を設定したタグが設定されたページにアクセスした数。
ウェブコンバージョン数(購入) コンバージョン測定の目的で「購入」を設定したタグが設定されたページにアクセスした数。
ウェブコンバージョン数(ダウンロード) コンバージョン測定の目的で「ダウンロード」を設定したタグが設定されたページにアクセスした数。
ウェブコンバージョン数(新規登録) コンバージョン測定の目的で「新規登録」を設定したタグが設定されたページにアクセスした数。
ウェブコンバージョン数(その他) コンバージョン測定の目的で「その他」を設定したタグが設定されたページにアクセスした数。
ウェブコンバージョンの受注数 ウェブコンバージョンによる受注合計数。
ウェブコンバージョンの売上金 ウェブコンバージョンによる売上金額の合計数。

[表示]ボタンの「表示項目の編集」から任意で表示させたい項目を選択することも可能です。

※ページ右上にある[表示期間選択]ボタンを押すと、選択した期間のデータを表示できます。

キャンペーン詳細画面からツイート設定やターゲティング設定単位でのコンバージョン数を確認

1.キャンペーン一覧から該当のキャンペーンをクリックし、キャンペーン詳細画面を表示

2.「表示内容選択」で表示させたい内容を選択

3.[表示]ボタンを押し「表示項目の編集」より、コンバージョン関連の項目を表示し、ツイート設定やターゲティング設定単位での統計情報を確認する

Twitter広告のコンバージョン数は、[ダウンロード]ボタンからレポートをダウンロードすると、「キャンペーン別」「地域別」「デバイス別」「性別」で計測可能です。レポートのダウンロードもぜひご利用ください。

いかがでしたか?
Twitter広告からのコンバージョン数を確認できましたか?

もっとコンバージョン数を上げたい場合は、Twitterユーザーがクリックする前にタイムラインの画像、関連するコンテキスト、行動を促すメッセージを表示できる「ウェブサイトカード」がおすすめです。ぜひ、ご利用ください。
「140文字+α!」でサイトへ効果的に誘導する【ウェブサイトカード】

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。