「過去、サイトに訪れたことがある人」に広告を配信する、Twitter広告のターゲティング機能「カスタムオーディエンス」のウェブサイトタグの設定方法を紹介します。

※カスタムオーディエンスには「ウェブサイトタグを利用する方法」「自社保有リスト(データ)を利用する方法」「アプリのイベント計測データを利用する方法」の3つの作成方法があります。

一度目の訪問では成約に至らなかったTwitterユーザーへ広告を配信することで、過去の訪問を思い出させ、再訪問を後押しし、コンバージョンへと繋げましょう。

「ウェブサイトタグ」を利用するには、Twitterユーザーのサイト訪問履歴を蓄積する必要があります。そのために、あらかじめ対象サイトにYahoo!タグマネージャーの「タグ」を設置しておきます。今回は、あなたのウェブサイトの「トップページ」に訪れたことがあるユーザーを、ターゲティング層にする方法を解説します。

Yahoo!タグマネージャーを設定していない方ははSTEP 1、すでに設定している方はSTEP 2へ進んでください。

かんたん4つのステップでカスタムオーディエンスを始めよう!

STEP 1 Yahoo!タグマネージャーを設定する

まずは、広告管理ツールにログインしてください。

広告管理ツールへログイン

Yahoo!タグマネージャーを導入していない方はYahoo!タグマネージャーの始め方 【初期設定】編をご確認ください。 すでに導入している方は、STEP 2へお進みください。

STEP 2 「ウェブサイトタグ」を発行する

1. 広告管理ツールの「Twitter広告」タブの「ツール」、「コンバージョン」の順にクリックする。

※画像はクリックすると大きく表示されます。

2. 「ウェブサイトタグ」の[+ウェブサイトタグの新規設定]ボタンを押す。

3. ウェブサイトタグの新規設定で、基本情報を入力する。その際、必ず「リマーケティング用のカスタムオーディエンス」の「設定する」をチェックする。最後に[保存]ボタンを押す。

4. 広告管理ツールの「Twitter広告」タブの「ツール」、「ウェブサイトタグ」で、先ほど作成した「ウェブサイトタグ名」が表示される。「TXN ID」が付与されるので、そのIDをコピーする。

STEP 3 タグ設定および実行するページを設定する

5. 広告管理ツールの「運用サポートツール」タブの「Yahoo!タグマネージャー」、[ログイン]ボタンの順に押す。

6. Yahooタグマネージャーの「サービスタグ管理」メニューから、[サービスタグを追加]を押す。

7. 検索窓に「Twitter」もしくは「ツイッター」と入力し検索すると、「ツイッターコンバージョン」という項目が表示されるので、「ツイッターコンバージョンタグ(クライアント側)」をクリックする。

8. 分かりやすいサービス名と、でSTEP 2の4でコピーした「TXN ID」を入力し[サービスタグの作成]ボタンを押す。

9. 「ウェブページの追加」の項目を入力し[保存]ボタンを押す。

※すでに利用されている人は、本画面が表示されず、「10」にいきます。

10. メニューの「サービスタグ管理」から作成した作成したサービスタグを選択。「ページの設定」タブに切り替えて、タグを設定したいページを選択、「未設定」から「設定」にします。

11. 「サービスタグ管理」メニューに戻る。作成したタグのステータス「プレビュー」をクリックし「有効」に変更する。

STEP 4 ターゲティングを設定する

12. 広告管理ツールの「Twitter広告」タブ、「キャンペーン管理」で[+キャンペーン作成]ボタンを押す。

13. キャンペーン作成の各項目を入力し、「ターゲティング設定」で「カスタムオーディエンス」の「設定する」をチェックする。「ウェブサイトタグ」をクリックし、設定する項目にチェックすると右側の「選択したカスタムオーディエンス」に項目が追加される。

最下部の[保存]ボタンを押し、「キャンペーンの作成」を完了します。

チェックポイント

下記画面のように、ウェブサイトタグをクリック後、薄い文字で(設定不可)と表示される場合は、有効なTwitterユーザー数が蓄積されていないため設定ができません。リーチが蓄積されるのをお待ちください。蓄積されたかの確認は、「Twitter広告タブ」の「ツール」、「オーディエンスマネージャー」で可能です。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。