Twitter広告のターゲティング機能の一つである「カスタムオーディエンス」を利用すると、広告主様のウェブサイトにタグを設置することで、訪問履歴や購入履歴があるTwitterユーザーに対して広告を表示できます(※)。つまり、すでに自社のサービスや商材を認知している人を対象に広告掲載できるため、コンバージョン率の向上が期待できます。

※カスタムオーディエンスでは、広告主様ご自身の顧客層に合わせてターゲティング対象リストを作成できます。作成手段はウェブサイトタグによるコンバージョン測定以外に、リストのアップロード、アプリイベントの測定の3種類ありますが、本ページではウェブサイトタグによるカスタムオーディエンスについて説明します。

  • 「すでに自社サービスに興味を持っている人たちに、Twitterを利用している時間にもサービスを再認知してもらうことでコンバージョン率を高めたい」
  • 「Twitter広告で認知度アップは成功したので、次はコンバージョン率アップを狙いたい」

といった広告主の皆様! ぜひご活用ください。

カスタムオーディエンスの仕組み

ウェブページにタグを設置することで、そのページを訪問したインターネットユーザーの履歴を蓄積します。その後、同一のユーザーがTwitterのページを閲覧したときにTwitter広告を表示します。

「誰に広告を掲載したいのか」を明確にしよう!

カスタムオーディエンスの利用で大切なのは、プロモーションの企画段階で「誰に対して、どんなTwitter広告を掲載するのか」を明確にすることです。なぜなら、目的ごとにタグを発行し、それぞれ必要なページに対してタグを設置するためです。

例えば、広告主様が以下の2つの目的でカスタムオーディエンスを利用される場合は、下図の通りにタグを発行・設置します。

  • (目的1)Thank youページにアクセスしたことがある(つまり、過去にコンバージョン履歴がある)Twitterユーザーに対して、新商品の広告を表示する
  • (目的2)自社サイトにアクセスしたことがあるTwitterユーザーに対して、広告を表示する

ご注意

  • 1アカウントにつき、25個までタグを発行できます。
  • 上記例のように「訪問履歴の計測」と「コンバージョン計測」の目的でThank youページに2種類のタグを設置すると、コンバージョンの結果がダブルカウントされます。正確なコンバージョン数を計測するためには、(目的2)のタグはThank youページに設置しない方法をご検討ください。Twitterユーザーへ広告配信したい場合、Thank youページを対象にするかについてはご検討の上、タグを設置してください。

設定から掲載までの流れ

広告管理ツールでウェブサイトタグを新規設定するには?

広告管理ツール「Twitter広告」の「ツール」-「コンバージョン」よりタグを新規設定します。

「カスタムオーディエンス」について
「リマーケティング用のカスタムオーディエンス」を設定すると、広告の配信対象となるユーザーをグループ化した「カスタムオーディエンス」が自動作成されます。作成されたカスタムオーディエンスの管理は、オーディエンスマネージャーで行います。カスタムオーディエンスは、スポンサードサーチ・Yahoo!ディスプレイアドネットワークの「ターゲットリスト」にあたる機能です。

オーディエンスマネージャー

Yahoo!タグマネージャーで設定が必要
サイト内にタグを設置するには、Yahoo!タグマネージャーの設定が必要です。詳しくは、以下のページをご覧ください。

Yahoo!タグマネージャーの始め方【初期設定】編
Yahoo!タグマネージャーの始め方【実装】編

サイト訪問者のデータ蓄積について
サイトへのタグの設置が完了すると、サイト訪問者のデータの蓄積が開始されます。訪問者のデータが一定数を超えると、キャンペーン作成および設定画面で対象のカスタムオーディエンスを設定することが可能になります。どれくらいのサイズのデータが蓄積されているかの確認は、オーディエンスマネージャーで行えます。
詳細な設定方法は以下をご覧下ください。

ターゲティング設定:カスタムオーディエンス

蓄積されたデータをもとに広告掲載を開始するには?

キャンペーン作成画面の「ターゲティング設定」-「カスタムオーディエンス」で「設定する」を選択すると、作成済のカスタムオーディエンスが表示されるので、広告を配信したい対象のカスタムオーディエンスを選択します。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。